ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CRI、ゲーム開発向けミドルウェアのロードマップを発表 VRの触覚演出や立体音響も強化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CRIは、音声・映像のミドルウェアブランドであるCRIWARE®のゲーム開発向けロードマップを発表しました。

対応プラットフォーム拡張、オープンプラットフォーム化の他、触覚演出や映像・音声機能もVR向けに強化し、よりリアルなVRコンテンツの開発をサポートします。

視覚・聴覚・触覚合わせてVR向けに強化

対象となる製品はCRIWAREブランドの統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX®2」、高画質・高機能ムービーミドルウェア「CRI Sofdec®2」、触覚ミドルウェア「CRI HAPTIX」。

ニンテンドースイッチ、Xbox One、ブラウザゲームにも対応プラットフォームを拡張し、移植やマルチプラットフォーム開発もよりスムーズになる、としています。

さらに触覚ミドルウェアHAPTIXをPlayStation®VR、HTC Vive、Oculus Riftのコントローラに対応し、VRの映像音声に連動した触覚演出を実現。

MP4素材、立体音響への対応など、映像・音声機能もVR向けに強化され、視覚・聴覚・触覚合わせてよりリアルで没入感の高いVR体験の作り込みをサポートします。

またサウンドミドルウェアのADX2がカスタムプラグインに対応し、サウンド演出で独自のエフェクトを使えるようになります。

(参考)
CRI – ニュースリリース
http://www.cri-mw.co.jp/newsrelease/2016/e78k1e000000hpc2.html
http://www.cri-mw.co.jp/newsrelease/2016/e78k1e000000hpmc.html

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP