ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恵比寿ガーデンプレイスの2016年イルミネーションは、まさに「大人の街」でした!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年初のイルミネーションを見に恵比寿へ行ってきました。残念ながら点灯式には間に合わなかったけれど、点灯直後のシャンデリアとクリスマスツリーを目にすることができて感激。それはそれは美しい、冬の始まりを告げる光景がそこにはありました。東急沿線ではディズニーイルミネーションが!

小さなツリーたちがあなたをお出迎え

恵比寿ガーデンプレイスの方に歩いていくとまずお出迎えしてくれるのが可愛いらしいツリーたち。この先にはどんな景色が広がっているのか想いを巡らせながら奥へと進んでいきます。

大きなクリスマスツリーの前で記念撮影

大きなクリスマスツリーを発見! 恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションは大人向け。フランスをテーマにしたオーナメントや装飾を施したクリスマスツリーはもちろんゴージャスだけど統一感のある飾り付けです。カラフルなクリスマスツリーもいいけれど、クリスマスらしいカラーのツリーもまた魅力的。※12/27(火)からはニューイヤーイルミネーションツリーとして装いを新たに点灯するとのことで、こちらも楽しみです!

ダイナミックなシャンデリアにうっとり

クリスマスツリーのある場所からレッドカーペットが敷かれた道をまっすぐ進んでいくと……そこには魔法をかけられたかのような夢の空間が広がっていました。恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーションの一番の見所であるシャンデリアは圧倒的な存在感。バカラ創設250周年を記念して国内外で活躍するデザイナーGLAMOROUSco.,itd.森田恭通氏とのコラボレーションによって制作された、高さ8.4m、幅4.6m、灯数410灯、重さ1.8tというバカラ歴史上最大のシャンデリアは、言葉を失ってしまうほどの美しさです。見る者全てを魅了してしまうようなその輝きは美しく、吸い込まれるように見入ってしまいます。まるでおとぎ話の世界に迷い込んでしまったかのよう。あなたもこのシャンデリアの下でシンデレラ気分を味わってみませんか?

小さな山小屋風マルシェを発見!

クリスマスツリーとシャンデリアの美しさに魅せられて、満たされた気持ちでさて帰ろうかというときに足を止めていただきたいのが、ツリーの後ろ(時計広場)にあるこじんまりとしたフランス仕様のマルシェ。ここではヴェルサイユ宮殿でも使用されているムービングキャンドルやクリスマスガラス細工などが手に入ります。かわいいガラス細工の前には沢山の人だかりが!ホットワインや軽食も購入可。座席だって用意されています。クリスマスツリーを鑑賞しながらホッとひと息つくのもいいですね。

恵比寿ガーデンプレイスエントランス横の細い路地を見逃すな!

駅へ向かう前に是非、ちょっと立ち寄っていただきたいところがあります。恵比寿ガーデンプレイスエントランス脇にある「コロプラキャナルウォーク」と呼ばれるその細い道は、鮮やかなブルー1色で染まっていました。あたかも青の運河(=キャナル)の上を歩いているかのような雰囲気を味わえるこの道は人通りも比較的少なく、とてもロマンチック。特にカップルにはおススメのスポットです。

「お洒落な街」で心ゆくまで楽しんで

今年で17回目を迎える恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイベントですが、「大人の街」というコンセプトに沿った完成度の高いイルミネーションでした。落ち着いてゆっくりイルミネーションを楽しみたい方にとっては最適なスポットです。

恵比寿ガーデンプレイスイベント名 Baccarat ETERNAL LIGHTS-歓びのかたち-アクセス JR山手線ほか恵比寿駅東口、東京メトロ日比谷線恵比寿駅1番出口より動く通路「恵比寿スカイウォーク」で徒歩約5分営業時間 2016/11/5(土)〜2017/1/9(月・祝)
バカラ シャンデリア/12:00〜24:00
クリスマス・イルミネーション/16:00〜24:00料金
無料公式HPはこちら

一番好きな季節の幕開け

寒いのは苦手だけれど、冬は街が綺麗に輝く季節。美しいイルミネーションを見ていると寒さなんて忘れてしまいます。去年の今頃はカナダに留学していて向こうでイルミネーションを鑑賞していたなぁなんて思いながらクリスマスツリーを見上げていると、少し切ない気持ちになったりして。とにかく1年はあっという間です。恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションを見たのは今回が初めてでしたが、上品な感じで余計な装飾がないのが個人的にはとてもいいなと思いました。全体的にコンパクトに纏まっているなという印象です。デートにはぴったりの雰囲気。仕事帰りのOLたちでも賑わっていました。次のイルミネーション鑑賞も楽しみです!

関連記事リンク(外部サイト)

「東京湾フェリー往復切符」で、地下壕や手漕ぎ船でいく個人所有の島に行ってみた
夜の高尾山、登ったことありますか?昼とは全然違うんです……
出世のパワースポット・埼玉県「高麗神社」「聖天院」でより運気を高める巡り方と、その歴史

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP