ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こんなカエデ並木を歩いてみたい。ポーランドの紅葉が絵本のよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本ほど四季折々の景色が楽しめるところは、世界にもなかなかありません。とくに紅葉は美しく、11月は多くの地域で見頃となっています。

でも美しい紅葉が楽しめるのは、日本だけではないようです。

最高のコンディションは
4年に1度

写真家、Przemysław Krukさんが撮影した紅葉の写真は、ポーランド南部のZłoty Potokという地域にある、カエデ並木の風景。

多くの石灰岩と森に囲まれた、Juraという地域にあるこの道は、もともと馬が走る道として使われていました。Krukさんは8年前から毎秋欠かさずにこの場所を訪れて写真を撮り続けているそうですが、良い紅葉は2〜3年に1度、ベストなものは4年に1度しか出会えないと言います。

落葉が早く、見頃は一瞬

ポーランドのカエデの葉は色づいてから落葉までが早く、本当に見頃なのは一瞬なのだとか。その他にも、天候や気温、霧など、さまざまな要素のタイミングが合うのは、とても稀なことなのだそう。

日本の「紅葉」とは少し趣が異なるポーランドの紅葉も、なかなか味わい深いものがありますね。Licensed material used with permission by Przemyslaw Kruk

関連記事リンク(外部サイト)

日本だけじゃない。ヨーロッパの紅葉が美しすぎる・・・
今からが見頃!絶景紅葉スポットに隠された秘密とは
【1ヶ月限定】瑠璃光院の紅葉が「幻の絶景」と呼ばれる理由とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP