ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高齢者の「ベターッと開脚」運動は背骨への負担大き過ぎ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「健康で長生きするためには適度な運動が不可欠」と皆が言う。だが、果たして「適度な運動」とはどの程度のことなのか。知識もないままに闇雲に体を動かし続けた結果、かえって体を痛めてはいないか。

 今年、80万部の大ベストセラーとなった『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』が話題を集めたように、“体の柔らかさ=若々しさや健康の指標”と考える傾向がある。

 ただし、柔軟性を維持するためのストレッチ運動も筋トレ同様「やり方次第」であることに留意が必要だ。『坂詰式正しい「筋トレ」の教科書』などの著者で、パーソナルトレーナーの坂詰真二氏(スポーツ&サイエンス代表)が語る。

「脚を180度左右に開いて前屈する姿はインパクトがありますが、日常生活で脚を開くとか体を捻るといった“横の動き”はほとんど必要とされていません。歩く、走る、座るなど、8割以上は“前後の動き”です。ストレッチ運動としては“ベターッと”は優先度が低いと思います」

 坂詰氏が懸念するのはそのリスクだ。

「高齢者は骨盤が後傾していますが、その状態で前屈するのは背骨への負担が大きい。そもそも脚を180度開くのは解剖学的にも開脚の限界を超えている。競技の性質上、そうした動きが求められるフィギュアスケートや体操の選手でも、股関節痛に悩まされる選手を何人も見てきました。

 長年の練習で開脚を身につけるアスリートでもそうなのですから、短期間での“ベターッと開脚”は股関節や背骨への影響に注意しなければいけない。高齢者が柔軟性を持つことは良いですが、過剰な柔らかさを求めるべきではありません」

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
北陽 話題の開脚トレ-ニングで股関節が劇的な柔らかさに
36歳になって艶めかしいナマ脚を披露してくれる米倉涼子サン
忽那汐里(18)のキュッと締まったふくらはぎを横から眺める

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP