ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『真田丸』最終回を徹底検証 「幸村の最期」はどうなる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK大河ドラマ『真田丸』はついにクランクアップを迎え、年末の最終回が迫ってきた。堺雅人が演じる真田幸村はどのような“最期の時”を迎えるのか。脚本家・三谷幸喜の描いたシナリオに迫るため、研究者の間でも諸説ある幸村の“死に様”についてひもといていく──。

 クライマックスが迫る『真田丸』は、これからの放送回で主人公の真田幸村が大坂夏の陣で大武功を立てる姿が描かれる。そして、その先にあるのは豊臣の敗北と幸村の死だ。その悲劇の運命がどう描かれるのか。見る側の熱は回を重ねるごとに高まっている。大阪城天守閣館長・北川央氏がいう。

「『大坂夏の陣』で幸村は徳川家康(内野聖陽)の本陣を突きます。その勇猛さは、死後に徳川方の資料にすら『敵ながらあっぱれ』と書かれたほどの凄まじいものだったとされています」

 これまで知略を巡らせる場面が多かった幸村の戦闘シーンとともに興味をそそられるのが幸村の最期だ。

 研究者の間では、家康軍に敗れ、ボロボロになって敗走するうちに松平忠直軍の兵に討たれた、というのが定説になっている。松平忠直は徳川秀忠(星野源)の娘を正室に迎えた大名である。1672年頃に二階堂行憲によって書かれた『難波戦記』や江戸中期に記された『真田三代記』にその死に様が残されている。歴史研究家で多摩大学客員教授の河合敦氏が語る。

「満身創痍の幸村は現在の大阪市天王寺区にある安居神社の松の木の根元で休息を取っているときに、松平忠直の部下で鉄砲頭の西尾仁左衛門によって討ち取られたとされています。幸村は『この首を手柄にせよ』といって、抵抗しなかった。これが一般的に知られている幸村の最期です」

 定説とはいえ、あっさりとした降伏をドラマチックに見せるのは、難しそうだ。実は、この定説以外にも、三谷氏にとって“選択肢”となる諸説が存在する。その一つが、首を差し出さず、最後まで戦い抜いたという説だ。歴史研究家の井手窪剛氏は次のように語る。

「1700年代に書かれた『真武内伝』には“西尾仁左衛門は信繁(幸村)が乗っている馬の尻尾を掴んで引き止めた”という内容の記述があります。それに応じた信繁は一騎打ちに臨んだとする史料です」

 この説では、一騎当千の幸村をして、思う存分に戦えない状況だったとされている。

「最後の一騎打ちの時、すでに信繁は13の傷を受けており、さらに体には矢が刺さったままだった。信繁は馬上から転がり落ち、西尾はその首を討ち取ったといいます」(同前)

 矢尽き刀折れた堺雅人が無念の表情を浮かべながら無名の武士に討ち取られる──こちらのほうが盛り上がるラストにはなりそうだ。前出の北川氏も続ける。

「大坂夏の陣の数日後に書かれた細川忠興(矢柴俊博)の書では、『古今なき大手柄』を立てた幸村も、田んぼの畦で『手負い候し、くたびれ果て倒れ』ているところで西尾に出会い、討ち取られたとされています」

 さらに悲惨な説もある。一騎打ちではなく、大勢に仕留められたという説だ。福井県立図書館に所蔵される『松平文庫』には、西尾は相手が幸村だと知らずに討ったと書かれている。

「西尾が敵中に入った時、位の高そうな『よき敵』と遭遇。互いに馬から下りて槍で戦い突き倒し討ち取ったと記録されています。西尾が幸村の首だと知ったのは、夕方に幸村の顔を知っている備前松平家の家臣が陣中見舞いに来た際のことだと書かれているのです」(前出・井手窪氏)

 当時、一騎打ちでの戦いでは名乗り合うことが多かった。名乗らずに戦い始めるのは相手が複数の場合。つまり、「幸村は西尾ら松平軍の複数の兵と戦い、自分が誰なのかを知られないまま討たれてしまったという説」(同前)なのである。

 ちょっと拍子抜けな流れだが、“こいつが誰だか知らないのか!?”といった場面が、三谷流アレンジで盛り上がりそうにも思える。

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
【2016年大予言】綾瀬はるか 誕生日電撃婚に記者が大わらわ
定時帰宅の日テレ・西尾アナ フリー転身で「年収10倍」説も
真田丸 三谷幸喜氏が「伏線の回収」し忘れた4つの案件

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP