ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

図書館勤務の経歴を持つイケメン噺家・古今亭志ん松

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「取材のメールを見たときは、人違いかと思いましたよ。ぼくがイケメン噺家だなんて」と語るのは古今亭志ん松(32才)。真面目そうな彼ですが、実はおっちょこちょいな一面も。

「修業時代は失敗ばかり。師匠の新車をぶつけたこともあります。以来、運転はお役御免です(苦笑い)」

 しかし、高座で魅せる芸は本格派。そのギャップもまた魅力にちがいない。

【プロフィール】
古今亭志ん松/ここんてい・しんまつ。1984年10月2日生まれ、千葉県柏市出身。2009年に古今亭志ん橋に入門。2014年に二ツ目昇進。落語家になる前は、司書を目指して日比谷図書館で働いていた経歴を持つ。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
名人・古今亭志ん朝の遺伝子を最も強く感じさせるのは志ん輔
6代目古今亭今輔「ひたすらバカバカしいSF」で爆笑獲得
桂米朝の実子・桂米團治 積極的に父をネタにしファン喜ばす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP