ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅野美穂、真田幸村イメージの高級りんごを堺雅人に衝動買い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月末のある週末の夕暮れ時、都内の高級スーパーは夕飯の買い物をする主婦の姿で賑わっていた。その中に、薄ピンクのオーバーコートを羽織り、大きなマスクで顔を隠してはいるものの一際目を引く美女の姿があった。

 買い物かごをぶら下げ、食品売り場を歩いていたのは菅野美穂(39才)。菅野は果物コーナーでふと足を止めると、真っ赤なケーキ箱をじっと見つめて手に取り、レジへと向かった。彼女が思わず“衝動買い”してしまったのは、真田幸村を筆頭とする真田一族をイメージして作られたりんごで、6つ入りで3000円という超高級品。レジでギフトラッピングを断ると、そのまま自宅へと持ち帰っていった。

 菅野は昨秋に男の子を出産。放映中のドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』(TBS系)で4年ぶりに主演を務める。同作はタワーマンションに住むセレブ主婦たちの虚栄と嫉妬にまみれた愛憎を描くストーリーで、菅野は2人の子供を守る母親役を熱演している。

 一方、夫の堺雅人(43才)も大河ドラマ『真田丸』に主演中。同作は放送開始から44週たった今なお人気は衰えず、11月6日放送も平均視聴率15.3%を記録。初回から現在まで15~20%と好調をキープしている。

 共に主演を務める多忙なふたりだが、夫婦の関係は良好だという。

「1才の子供を抱えて、しかも夫婦揃って主演と慌ただしい日々ですが、この夫婦はふたりとも超のつく子育て熱心。堺さんは子供優先で大河のクランクインを先延ばしにしたこともあったし、菅野さんは子供を抱えて『真田丸』の現場に顔を出し、堺さんの着替えや荷物を届けに行くなど“内助の功”をみせていました。このふたりだから、なんとかやれているんだろうなぁ…と感心の一言です」(芸能関係者)

 冒頭の“りんご”の買い物は『真田丸』の打ち上げ前日のこと。菅野がつい買ってしまったのもうなずける。長期撮影を終えた夫への労いのプレゼントだったのだろうか。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
堺雅人 妻・菅野美穂実家で義母の手料理ご馳走になることも
堺雅人と菅野美穂 駅ビルでうどんを食べたり旅行本探したり
買い物難民の現状や買物支援、各地の取り組み等を紹介した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP