ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪4才男児不明事件 夫婦の周囲で消える子供たちの謎

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 姥捨山ではあるまい、4才の我が子を峠に捨て去るとは──。信じられない“親”の供述が世間を震撼とさせた。

 大阪府と奈良県を横断する大和川の至近。堺市北区の閑静な住宅街にある築30年のマンションでは、居住者たちが首を傾げていた。

「だってあそこは子供3人に両親の5人家族だとばかり思ってたから。もう1人子供がおったなんてな。見たこともないわ」
「ヤンキー風でつきあいはないけど、とりたてて変わったことのない家族。あの事件の親だと知って、腰抜かすかと思った」

 10月18日、同マンションに住む梶本卓容疑者(35才)と妻の千穂容疑者(32才)が、児童手当を詐取したとして大阪府警に逮捕された。夫婦には、長男の樹李(たつき)ちゃん(4才)が3年前から行方不明になっていたにもかかわらず、彼の児童手当を騙し取っていた疑いが持たれている。

 一家は昨年12月に松原市から堺市に引っ越しており、住人たちは最初から樹李ちゃんの存在を知らなかった。

 逮捕直後、卓容疑者は取り調べに対し、樹李ちゃんは昨年12月に階段から落ちて死んだと供述。「遺体は海に捨てた」と説明したが、その後、供述は二転三転。

「5月に奈良県との境の山中で車から崖下に投げ捨てた」と打ち明け、府警による40人態勢の捜索が始まった。しかし、いまだ遺体は見つかっていない。

「父親の卓容疑者は、樹李ちゃんの遺体に防腐剤も冷却剤も使わず、5か月間毛布に包んで隠し続けていたと供述しています。普通、そんなことをすれば、腐敗が進んで大変な惨状になりますが、自宅周辺で異臭騒ぎは一切起きていない。

 母親の千穂容疑者に至っては、“昨年12月に夫が外に連れ出して以降、長男のことは何も知らない”と供述している。あまりにも不可解です」(全国紙記者)

 夫婦は2012年4月、別の詐欺容疑でも逮捕されていた。当時、千穂容疑者の兄の子(甥)が行方不明であることが発覚。「死んだので河川敷に埋めた」と夫婦が供述したことで、詐欺に加え死体遺棄容疑でも書類送検されている。

「しかし遺体は見つからず、死体遺棄については不起訴処分になっています」(前出・全国紙記者)

 当時夫婦が住んでいた同府富田林市の近隣住人が語る。

「金髪にスエットの上下っていう、典型的なヤンキー夫婦。昼間からフラフラして、夜になるといろんな若者が出入りして、うるさいのなんの。静かにしてとお願いしたら、“うるせぇババァ!”って怒鳴られた。奧さんの父親も若い頃からワルで有名やねん。夫婦がパクられた時、そこの河川敷を警察が毎日さらってたっけ。結局なんも見つからんかったけど、“あの夫婦に関しちゃ何が起きても不思議じゃない”って、この辺りの住人はみんな言っててん」

 夫婦の周りで次々に消えていく子供たち。全容の解明が待たれる。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
ASKA逮捕で芋づる式か 元プロ野球選手や有名歌手も戦々恐々
熊本3才女児遺棄の大学生 事件30分後に友人とネトゲ
柏市の男児餓死事件 3人の子供の長女だけを偏愛した母親

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP