ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パクチーボーイ エダジュンの「さんまとパクチーのキムチ味噌煮込み」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


秋の味覚の王様「さんま」とエスニック料理の申し子「パクチー」の最強コラボレシピ

はじめまして! パクチーボーイのエダジュンです。季節はすっかり秋になり、美味しい秋の食材がたくさんスーパーに並んでますね。秋くらいダイエットはお休みして、たくさん美味しいものを頬張りたいですね!

ところで知ってましたか? パクチーは秋のこの時期が一番育ちやすいのです! そこで今回は、旬のさんまとパクチーを使った1品を紹介します。

エダジュンの「さんまとパクチーのキムチ味噌煮込み」

【材料】(1人分)

さんま 1匹 パクチー(2cm幅に切る) 1株 キムチ 100g もやし 100g 水 2カップ A 酒、しょうゆ、みりん、味噌 各大さじ1 塩 黒こしょう 少々

作り方

1. さんまは頭をおとし、半分切って内臓を取る。腹の中はきれいに水で洗って水気を切り、両面に塩と黒こしょうをふりかける。

2. 鍋に水を入れ沸騰寸前で弱火にして、Aを全体に混ぜながら入れる。そこにパクチーの根っこ(あればでOK)、キムチ、もやしを入れ、さんまをのせたら落としぶたをして10~13分ほど煮込む。

3. 2を器に盛り付けて、パクチーをそえて完成!

さんまの煮込み料理!? これがウマすぎて困ります!

脂ののったさんまを煮込み料理にすると、うま味がスープにも溶け出して、食べ応えのある1品となります! そこに爽快なパクチーを添えることであっさりと食べられます。

また、辛いのがお好きな方はコチュジャンを足すと更に美味しくなりますよ。

残業終わりのお疲れの時も、切って煮込むだけで簡単にできるのでぜひ作ってみてください!

作った人:管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『クセになる!パクチーレシピブック』(PARCO出版)等。 ブログ:パクチー料理研究家 エダジュン「パクチーに恋して」 Instagram:@edajun レシピブログ:管理栄養士 エダジュンさんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

関連記事リンク(外部サイト)

【カモフラ飯】意識の高いビジネスパーソンは、ノートでカルシウムを補給する
【新宿駅まとめ】新宿って知った気になっていたけど、まだまだディープなんですね
【メガ盛り】ROCKなアイドル・月野もあが激ウマ肉丼に挑戦【仮面女子】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP