ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相川七瀬、21周年アニバーサリーライブにDJ KOOがサプライズ登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

相川七瀬の21周年アニバーサリーライブ「NANASE AIKAWA 20th ANNIVERSARY GIG」が、11月8日、東京・EX THEATER ROPPONGIで行なわれた。当日は相川のデビュー記念日で、昨年の20周年につづいて2度目の開催になった。

最新アルバム「NOW OR NEVER」を引っさげて行なわれた今回のライブは、タイトルチューンの「NOW OR NEVER」「15パーセントの嘘」と続き、アルバムと同じ曲順でライブはスタート。

アッパーなアルバム曲を中心にのっけからハイテンションな展開で、一気に会場の熱気が急上昇する。続いて「世界中の誰よりきっと」「世界が終るまでは…」といった織田哲郎カバーアルバムからの楽曲を披露。もはや相川のレパートリーのひとつとさえ思える安定感を感じさせる。

アコースティックコーナーではバイオリンやピアノと、バンドとはメンバーも空気を一変させ「ことのは」「僕らのEndless Dream」といった楽曲をアカペラも含めしっとりと聴かせ、真骨頂と言える振り幅の大きさを見せた。

そしてライブ中盤、TRFのDJ KOOがサプライズ登場。TRFは21年のキャリアの相川にとっても大先輩と言えるグループだが、相川のデビューライブはTRFのオープニングアクトだったという縁もありゲストに登場した。

DJ KOOはクラブDJの際にプレイしている、自身でリミックスした「BREAK OUT!」を携え、軽快なトークと普段見ることの出来ないステージパフォーマンスで会場を湧かせた。

終盤では「COSMIC LOVE」「夢見る少女じゃいられない」など、お待ちかねのヒット曲を立て続け、ダブルアンコールでは、デビューアルバムから数年ぶりに披露するという「今でも…」を披露しライブは終了。

新旧の楽曲と緩急の効いた内容で、20周年を超えた、いまの相川七瀬ならではの豊かさに充ちた、アニバーサリーライブとなった。

<セットリスト>
1.世界中の誰よりきっと
2.世界が終るまでは
3.君がいたから / with 浅岡雄也
4.ペリー来航feat.トレンディエンジェル斎藤 / エグスプロージョン+ひとりでできるもん+トレンディエンジェル斎藤
5.満月にSHOUT! / with エグスプロージョン+ひとりでできるもん+トレンディエンジェル斎藤
6.BREAK OUT! / with 藍井エイル
7.翼の折れた天使 / with 中村あゆみ
8.限界LOVERS2015 / with 寺田恵子
9.目を閉じておいでよ / with 杏子
10.BOMBER GIRL / BOMBER GIRLS(寺田恵子、中村あゆみ、杏子、相川七瀬)
11.嵐の素顔 / with 工藤静香

関連リンク

相川七瀬 オフィシャルサイトhttp://www.nanase.jp/
相川七瀬 レーベルサイトhttp://avex.jp/nanase/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP