ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Spotifyが本日より一般公開を開始、100種類以上のデバイスに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スポティファイジャパン株式会社 代表取締役 玉木一郎氏
音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、本日11月10日よりサービスの一般公開をスタートした。本日からは誰でもSpotifyを利用できるようになる。

一般公開にあわせて行われた会見には、10月にスポティファイジャパン代表取締役に就任した玉木一郎氏が登壇し、日本でのサービス開始後の進捗と新たな展開を発表。

Spotifyは今年9月29日より日本でもエントリー制でサービスを開始。BABYMETALなどのアーティストやDJ TAROといったインフルエンサーから直接ファンに招待コードを送るなど、ユーザー獲得のコラボ施策も積極的に実施した。

日本の音楽ファンの視聴傾向として、同サービスの特徴でもある20億を超えるプレイリストからの楽曲再生回数が1/3を占めており、気分やシーンに合わせ楽曲を楽しんでいる実態がわかった。なお「ゲーム」のプレイリストは日本だけでなく世界的に人気が高いそうだ。

また、今回新たに音楽認識サービス「Shazam」とのパートナーシップを提携。Shazamを使用しながらSpotifyを通じてフル楽曲を聴いたりプレイリストに楽曲を追加することができる。また、楽曲をTwitterでシェアすると、「Twitter オーディオカード」として表示され、Twitter上で30秒間聴くことができるようになった。

さらに「Spotify Connect」を搭載したソニー、ボーズ、YAMAHA、テクニクスなどWi-Fi対応オーディオ機器や、テレビ、PlayStationなどのゲーム機、PC、そしてBMW、MINI、VOLVOなどのクルマなど、100機種以上に上る各種デバイスでも利用が可能に。利用中のモバイル機器で電話をかけても、ビデオを視聴しても、Wi-Fi接続が切れても音楽が途切れることなく再生され、モバイル機器はリモコンのような役割になる。

最後に玉木氏は、「あらゆる音楽の楽しみ、その楽しみ方も含めて本日から全てご利用いただけるようになりました。『Music for everyone.』全ての人に音楽を届けたい、という想いでサービスを提供していきたい」と抱負を語り会見は終了した。

ボーズ株式会社 代表取締役社長 ピエール・ペルラン氏
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント Japan Asia Vice President 塚嵜英史氏

関連リンク

Spotify JAPAN

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。