ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、Daydreamのハードウェア要件を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google がモバイル VR プラットフォーム「Daydream」に対応する機種を作成するためのハードウェア要件を CDD の中で詳細に説明しています。Daydream は、ハイクオリティなモバイル VR 体験を提供するために提供されており、発表時から相当なハードウェアスペックが必要になると予想されていました。現在のところ、Daydream に対応しているのは、Pixel / Pixel XL、Huawei Mate 9、Axon 7 で、これらはいずれも現行のスマートフォンの中では最上級の仕様です。CDD に掲載されている要件を見ると、Android 7.1 の Daydream は Bluetooth v4.2、マルチコア CPU、4.7 ~ 6 インチのディスプレイを搭載し、解像度は最低でも 1,920 x 1,080 ピクセルで、推奨は 2,560 x 1,440 ピクセル以上です。また、端末は 3,840 x 2,160@30fps 40Mbps での H.264 デコードと、最低限 1,920 x 1,080@30fps 10Mbps での HEVC / VP9 デコードをサポートする必要があります。これらの要件を見ると、Daydream は現行の中 ~ 上位モデルしか対応できないことになります。Source : Google

■関連記事
Google Playストアがv7.2.13.J-all にアップデート
カシオ、アウトドアでのグループ行動に役立つ新アプリ「CASIO MOMENT LINK」をリリース
音楽ストリーミングサービス「Spotify」の招待性が終了し一般に向けて提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。