ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HDCPを回避する激安HDMIスプリッターとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

経由するだけでHDCP回避する激安ツールが、中華製の裏HDMIスプリッターです。通常のHDMIキャプチャーツールで録画しようとすると、HDCPを検知して録画できない場合があります。ここで裏HDMIスプリッターを経由して接続すると、なぜかHDCPを回避できるのです。

HDMIスプリッターがHDCP回避

高密度なデジタル信号を高速で転送するHDMI。映像機器では欠かせないインターフェイスですが、出力端子が1つしかないものが多くて不便です。そうした時にHDMIを分岐出力するのがHDMIスプリッターです。

安価な中華製のHDMIスプリッターの中には、なぜかHDCPを回避してくれる「裏HDMIスプリッター」なるブツが存在します。いくつか確認されていますが、最もメジャーなのが「Kanaan」です。

HDCPとは、コンテンツが不正にコピーされるのを防止する著作権保護技術の1つ。映像再生機器からディスプレイなどにデジタル信号を送受信する経路を暗号化しています。

HDMIスプリッターでキャプチャー

KanaanはHDMI入力×1、HDMI出力×2のスプリッター。電源はACアダプタとなっています。実勢価格は2,600円です。実売3,000円以下ながら、2画面同時出力とHDCPが回避できます。ただし、メーカーが公式にHDCPの回避機能を認めているわけではないので、入手は自己責任が鉄則です。

例えば、普通のHDMIキャプチャーツールで録画しようとするとHDCPが検知。「録画を開始することができません」という警告が出ます。

このとき、裏HDMIスプリッターの登場というわけ。表メーカーのPC用キャプチャ機器などで、HDCPの制限でキャプチャーできない場合は、このHDMIスプリッターを通すだけでそのままキャプチャー可能になるのです。(文/張三李四)

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP