ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もしかして妊娠!? 判明前からなぜか赤ちゃんを意識していた私

DATE:
  • ガジェット通信を≫

f:id:akasuguope04:20160510165915j:plain

旦那さんと結婚して一緒に暮らし始めて三ヶ月頃、なぜか二人で「出来たかな?」と思う事が一度ありました。その時は勘違いだったのですが、お互いにその時何か感じたのは偶然ではない気がします。

それから「子どもができたらどうする?」という心の準備ではないですが、お互いに意識も増し、話す機会も増えていました。

「授かりモノ」だから来る時がくればで、もの凄く努力のような何かをするでも避妊をするでもなく「その時」に身を任せる気持ちをお互い認識していました。

ただ、健康管理や子どもの身体を作るのは私たちの普段の生活とわかっていたので、私自身は三年前ほどから、主人も結婚してからは食べるものに注意し、サプリメントなどを用意して、いつでも子どもに来てもらえるような妊活は意識していました。 関連記事:思い返せばたくさんあった兆候。吐き気がして「これってまさか…」ドラマのように妊娠に気づいた日

ある日の休日、二人で出かけてワインを推しているレストランに入りました。

久々の外食なのもあり、ワインを頼んだのですが、なぜか「お腹にいるかも?飲まない方が良いかもしれない」と思いました。その気持ちは強いものの、仕事をこれから頑張ろうと改めて決意と今後の予定を立てたところだったので、きっと思い過ごしと言い聞かせるように一杯だけ飲みました。

特に何か大きな兆候があったわけでも、子どもについて意識するような出来事があったわけでもないのに、ふっと赤ちゃんのことが浮かんだので、自分でも驚いたのを覚えています。

また、その頃から無性に「お肉が食べたい!」と思う事が多くなっていました。もともと健康的な食事に気をつけ、結婚して一緒に暮らし始めてからは特に毎食野菜メインで肉は少なく、もともとそこまで好きというわけでもありませんでしたが、当時はお肉に惹かれ続けました。

それからまた次の休日に外出した時のことでした。その数日前から少し胸の張りと痛みを感じていました。触ると少ししこりも感じ妊娠初期症状に胸の張りを聞いたこともあったのですが、否定するならまさかの乳ガン!?と不安もあるもののわからないので主人には何も言わずにいました。

しかし街を歩いていると歩く振動でも痛みが少しあり、突然それまでとは比べ物にならないくらいの激痛に襲われました。一歩動くのも動くのすら無理というぐらいの痛みで、さすがに主人にも伝えその場に固まりました。

でもそこは街中、駅からも遠く家に帰るには乗り換えも必要で一歩も踏み出せないのにどうしようと、本当に不安でいっぱいになりました。落ち着いてきて、まだ痛みはあるもののゆっくり歩き「休む?」という主人の言葉に店に入りました。

お腹も空いていて食べていると大分痛みも軽くなり、お店を出る頃には消えていました。30分くらいのことでしたが、ますます「妊娠?」という疑惑が高まってきました。

その翌週、長旅の予定があったのですが、まだわからないし調べることすら迷っていました。

主人と相談しお互いに感じたのもあったため、長旅で身体に何かあったらいけないからちゃんと調べておこうということで検査キットを購入しました。そして陽性、病院へ行って確認も取れました。

息子はもうすぐ5か月。

来る時がくればと思いつつ、お互い二人だけの生活をしっかりしていたため、いざ来た時は喜びだけとは言えずかなり戸惑いました。子どもはずっと願っていたことではあったものの、恋人や結婚と同じように突然で、計画通りとはいかないかもしれません。でもどれも同じでいつ来てもいいように「常に自分を磨き、サインを逃さない」ということは変わらないのだと今は思います。我が子が私たちを選び、「今」私たちの元に来てくれた。

何かを感じたのも準備と来たよという息子からのサインだったように思います。 関連記事:偶然が重なった思いがけない妊娠!赤ちゃんがお腹にいる夢が兆候!?正夢に!

著者:すずらん21

年齢:31歳

子どもの年齢:5ヶ月

「最善の健康」のパーソナルトレーナーとして一万人以上の心体のケアをしていたのもあり、自分の身体にも人一倍心配りはしています。第六感も強いようでスピリチャルなケアもしています。最近は活動の幅も広げアウトプットにも力を入れいろいろな仕事をし、より自分の視野も広げスキルを高めています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

不妊治療にあてるはずの貯金が、旦那の親の借金返済に?! 亡き祖父母に守られた妊娠
思い返せばたくさんあった兆候。吐き気がして「これってまさか…」ドラマのように妊娠に気づいた日
卵巣腫瘍で絶望する中、小さな男の子を抱き寄せる夢を見て…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。