ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽ストリーミングサービス「Spotify」の招待性が終了し一般に向けて提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9 月末よりようやく国内でも提供が開始された音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、当初は招待性で行っていたサービス提供を終了し、一般に向けて提供を開始しました。Spotify は 3,000 万曲以上の音楽ライブラリをスマートフォン、タブレット、PC、自動車、対応スピーカー、PlayStation、テレビで視聴できる月額課金制サービスです。提供プランは無料プランと月額 980 円 + 税の Premium プランがあり、無料プランでは月間の再生時間が 15 時間に制限されており広告も表示されます。また、オフライン機能など、一部の機能制限も設けられています。Premium プランでは、広告は表示されず、再生時間の制限や機能制限もありません。ユーザーアカウントを作成すると無料プランが適用され、必要に応じて Premium プランにアップグレードする仕組みです。このほか Spotify はスマートフォンアプリを同日よりアップデートし、音楽認識サービス「Shazam」との連携も開始しています。Source : Spotify

■関連記事
Google マップ v9.41.0でお店に関するWEB記事を表示する「リスト」機能が追加
Fitbit、スイミング対応のスマートバンド「Flex 2」を11月25日に国内発売
Androidで操作ができるドローン「DOBBY」がDISCOVERで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP