ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【保存版】ソニーのパソコンを廃棄する方法とおすすめ業者3選

  • ガジェット通信を≫

パソコンなど電子機器には貴金属が使用されている……こんな話を耳にしたことがありませんか?話によると10台で約1gの金が回収可能、つまり5,000円弱になるという計算ですね。で、それを実際におこなっている様子をドキュメンタリで観たことがあるのですが、パソコンをプラスチックと金属に分けて、さらには基盤を砕いて、薬品につけて……と、まあ面倒。

手元にあるジャンクPCをにらみつつ、当初は自分でやってみる気満々だったのですが、番組が終わるころには、その元気も消え失せてしまったのです。塩酸とかメチルとかも体に悪そうだったし。

ソニーのパソコンを廃棄する方法

出典:ソニー

ただ、ただ粛々と

そんなパソコンの廃棄です、技術と信頼の日本製であろうと昔は輝いていたソニーのVAIOであろうと、特別なことは何もありません。もっというならば、ソニーのパソコンといえど独自パーツなんぞほぼ皆無。ただ粛々と他のパソコン同様「PCリサイクル法」にのっとって廃棄するしかありません。

「PCリサイクル法」とは?

「パソコンは製造したメーカーが責任を持って廃棄すること」なんじゃこれは?と思うかもしれませんが、パソコンは平成13年4月に施工された「資源有効利用促進法」でリサイクルすべしと定められている69品目の内の一つ。ですからパソコンは定められた手続きでもって処分しなくてはいけないんです。ご存知でした?

PCリサイクルマークが見つかれば!!

出典:ソニー

そして、2003年10月以降に販売されたパソコンにはメーカーが回収義務を負っているという証「PCリサイクル」マークが型式などを表記したシールに印刷されています。ノーパソならば裏側を見てみてください。見つかりましたか?

え、ソニーが回収してくれるわけ?

そこで、ソニーのサイトを検索してみると今時珍しいPOP体を用いた「使用済みパソコンのリサイクル」なるページがヒットします。どこかの地方自治体のサイトのようなダサさですが、我慢して中を見ていくと……

「ソニーパソコンリサイクル受付センター」にWebもしくはFaxで申し込むと「エコゆうパック伝票」なるモノを送付してくれますから梱包して送付すればよい、とのこと。こんなことやってたんですね。

問題はマークがない場合

2003年10月以降に購入したパソコンの場合、マークが付いていなくても、マーク付き同様にメーカーが処分してくれます。

しかし、問題はマークなしで2003年10月以前に購入しているケース。件のソニーのサイトには、ノーパソや液晶ディスプレイ、パソコン本体は3,240円、ブラウン管のディスプレイなら4,320円の処分料がかかるといっているではないですか。

つまり、ブラウン管ディスプレイとデスクトップPCを処分すると7,560円取られるという計算になるのです。料金は振込か、コンビニ、郵便局で……ってこれもまた面倒な話です。

無料で何とかしてくれるところはないのか?

さて、ここで冒頭に戻るのですが廃棄パソコンからは貴金属が取れるのです。タダのゴミではないはずなのです。ならば、買取とは言わないまでも、無料で回収してくれるところはどこかにあるはず。

というわけで、以下にそんな業者をおすすめしてみます。

無料で廃棄してくれるおすすめ業者3社

パソコン回収.com

出典:パソコン回収.com

何がうれしいって処分したいパソコンをクロネコの着払いで送付するだけというところ、こちら側で負担する費用は一切ありません。いや、強いていうなら梱包材と梱包作業はこちらでやる必要がありますが……。また、不要の小型家電も回収してくれるといいますから、処分したいパソコンを荷造りした隙間に詰めて送ればいっしょに引き受けてくれるといいます。まあ、手軽!!これは、誰にでもおすすめできるリサイクル業者になります。

パソコンファーム

出典:パソコンファーム

東京23区内や大阪市内など限られたエリア限定とはなっているのですが……「パソコンファーム」を利用する一番のメリットは回収対象の商品が3つあれば、家まで出向いてきてくれるというところ。つまり荷造りも発送も不要となりますから非常に楽なサービスを実施しています。そして、実はココからが目玉なのですが、他の不用品も一括して引き取ってくれるという有難さ。バッテリーや電子レンジ、扇風機やストーブなどなど、まあ何でも回収してくれるというわけではありませんが、うまく利用すると一気に家が片付くのです。

リネットジャパン

出典:リネットジャパン

無料回収は有難いけれど、あまり聴いたことのない会社ばかりで不安……そう思っておられる方におすすめなのは「リネットジャパン」。何といっても、あの「ネットオフ」を運営している会社なのです。利用方法は梱包して送るだけ、その時にリネットジャパンへの会員登録をおこなえば送料は無料となりますから耳寄りな話です。加えて、申し込みをおこなえばネットオフのクーポンが600円分もらえるといいます。また普段、ネットオフを利用しているならば送料無料のクーポンを使えますのでこちらもお得な。会員も会員でない人も使い勝手が良いサービスといえるのです。

パソコン買取について

タダで持っていくって何よ!!そう思っている人はパソコンリサイクルの手間を考えて反省しなくてはいけません。「いやいや、まだ新しいのよ」という場合はまずは無料査定の依頼をどうぞ。まあ、購入後5年以上立ってしまっている場合は、リサイクル業者を探したほうが早いと思いますが。

データの取扱いに注意

出典:カラパイア

上に挙げたパソコンリサイクル業者でもパソコンに残っているデータについて扱いは様々。「パソコン回収.com」はデータを消去してくれる上に必要ならば消去証明書の発行をしてくれるという方法、「リネットジャパン」はデータ消去のソフトを無料でダウンロードして自分で消去する方法を取っています。

前者は手軽ですが今一つ不安が残るかも?ですし、後者は自分の手でおこなうだけあって安心ですが、面倒かも?なのです。ですから手軽さや便利さに加えて、データの取扱いはどうなっているか調べた上で依頼してください。

データぐらいどうなってもいいや……かもしれませんが、それが周りまわって誰かに迷惑をかける可能性があることをお忘れなく。

まとめ

出典:カラパイア

さてソニーだからといって何ら特別なことはないパソコンの廃棄の話でした。ただ……一部のVAIO、主にノーパソはジャンクでも3,000円とか結構な値段が付いているんですよね。よろしければ、ヤフオク!を利用してみてください。そのかわりすっごい面倒ですし、残っているデータの取扱いなど、廃棄以上に気をつかうことになりますが。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP