体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いい香りがしてきそう♡本物のパンでできたライト「パンプシェード」がクラウドファンディングに登場

生活・趣味
panmain以前からTV・雑誌などで紹介され、ISUTAでも反響が大きかった「パンプシェード」。

モリタ製パン所・森田優希子さんが制作する本物のパンを使ったインテリアライトで、パンのあたたかな光がお部屋をやさしく照らしてくれます。

5_off 5_on

 パン屋さんみたいな名前の“アーティスト”

「製パン所」といっても、森田さんはパン屋さんではなく“アーティスト”。

「食べるだけでなくパンの魅力を知ってもらいたい」「パン屋でどうしても生まれてしまう“パンの廃棄”をなんとかしたい」

そんな森田さんの“パン愛”から生まれたのが『パンプシェード』なのだといいます。

6_on

 本物のパンを手作業で加工!

作り方は、提携したパン屋さんから頂いた廃棄パンに防カビ・防腐処理を施してシェード状に加工し、LEDや電池、スイッチをセット。

7 8_制作風景

ひとつひとつ手作業で制作しているそうです。

今回、森田さんは『パンプシェード』をさらに進化させるため4点の改良を加えることを決意。

資金調達をするためクラウドファンディングをスタートさせました。

 『パンプシェード』4つの改良点とは?

・スライド形式だったスイッチを置くだけでon/off の切り替えが可能に! 9
1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会