ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伝説的SF作品続編の邦題が『ブレードランナー 2049』に正式決定! ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督「僕らに失敗という選択肢はない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

伝説的SF作品続編の邦題が『ブレードランナー 2049』に正式決定! ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督「僕らに失敗という選択肢はない」

SF映画の金字塔と言われるリドリー・スコット監督の『ブレードランナー』(1982)の続編『Blade Runner 2049』(原題)の邦題が『ブレードランナー 2049』に決定した。

邦題の数字の読み方は「ニー・ゼロ・ヨン・キュウ」。続編は、1982年公開のオリジナル作品の舞台である2019年から数十年後と言われているが、タイトルから推測すると30年後の 2049年の世界を描いているようだ。

オフショットには、左からドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、リドリー・スコット、ハリソン・フォード、そしてライアン・ゴズリングという超豪華メンバーが写し出される。この1枚にも、作品への大いなる期待が止まらない。

さらにドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は前作に引き続きリック・デッカードを演じるハリソン・フォードに対し「彼は素晴らしいアドバイスを山ほどしてくれるよ」とコメント。製作総指揮にリドリー・スコット、そしてその役柄は明らかになっていないが注目の俳優ライアン・ゴズリングを加えたこのチームを「やる気に満ちた最高のチームだよ。僕らに失敗という選択肢はないんだ」と並々ならぬ意気込みを語っている。

ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッ カード役を再び演じるほか、リドリー・スコットは製作総指揮を担当。監督を務めるのは『プリズナーズ』、『ボーダーライン』などで独特の映像美と世界観が高く評価されているドゥニ・ヴィルヌーヴ。新作『メッセージ』の 全米公開も11月11日に控え、アカデミー賞への呼び声も高く、今最も注目されている監督の一人だ。

作品の詳細はまだまだベールに包まれたままだが、この新鋭監督が『ブレードランナー』の世界をどのように2017年に再生させるか、期待は高まるばかりだ。

『ブレードランナー 2049』は2017年全国ロードショー

関連記事リンク(外部サイト)

井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
日本人フードファイター、小林尊が「ヤギの丸焼き」18kgを12分間で平らげる 約100年間優勝できないシカゴ・カブスの「ヤギの呪い」を解く!
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
復活した浜田と小室「WOW WAR TONIGHT」に社畜が感動の嵐 「歌詞が泣ける」
一緒にプレイしたい!「美人すぎるゲーム実況者」まとめ2014【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。