ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藍坊主、新曲「うさぎとかめ」が短編映画『何の話をしているの』主題歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月14日に発売された、藍坊主の8thアルバム「Luno」収録の楽曲「うさぎとかめ」が、映画監督・勝又悠氏による短編映画『何の話をしているの』の主題歌として起用されることが発表された。

勝又監督は2015年リリースのシングル「魔法以上が宿ってゆく」のミュージックビデオや、アルバム「ハナミドリ」の再現ツアー「“OTOMOTO〜ハナミドリームをもう一度〜”のツアー・ドキュメンタリー」などの映像作品を手掛ける、藍坊主とは地元の先輩後輩という同じ景色を見て育ってきた旧知の仲として知られる人物。藍坊主メンバーと匂いや感覚、抜群の相性を見せ、これまでもバンドをより掘り下げた作品を発表してきた。

今作の主演には映画『アズミ・ハルコに行方不明』『傷だらけの悪魔』などに出演の女優・花影香音を抜擢。作品中でのエキサイティングな展開と見事にマッチした演技を披露している。また今作では主題歌だけではなく、藍坊主に寄り添ったストーリーも散りばめられた内容となっている。

そして11月24日21:00より、12月24日の川崎CLUB CITTA’のツアーファイナル&年末恒例のワンマンライブに向けたツイキャス配信を予定している。番組内では勝又監督が手がける今回のツアーを振り返った映像も配信予定。

『何の話をしているの』

関連リンク

藍坊主 オフィシャルサイト:http://www.aobozu.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP