ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46初となるミリオン達成、さらにシングル累計出荷枚数1,000万枚を突破

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月9日に発売となった乃木坂46の16thシングル「サヨナラの意味」が、発売初日で累計出荷100万枚の大台を超え、自身初となるミリオン認定作品となった。

発売初日に前作を上回る販売数となり、所属レコード会社に注文が殺到。約5万枚のオーダーが発売初日に出荷され、累計出荷1,013,000枚となった。(レコード会社発表)

日本レコード協会では、ここ数年のシングルミリオン作品として認定されるのはAKB48のみとなっており、AKB48以外のアーティストでは、2006年5月に発売してロングセラーとなり、翌年の2007年にミリオン認定された秋川雅史「千の風になって」で、実に9年前に遡る。

また同グループが所属するソニー・ミュージックレーベルズでのシングルミリオン認定作品は、2004年10月に発売されたORANGE RANGE「花」(累計出荷108万枚)以来となり、所属レコード会社では、まさに12年振りの快挙となった。

さらに2012年2月に発売した乃木坂46のデビュー・シングル「ぐるぐるカーテン」から16thシングル「サヨナラの意味」までの全シングル累計出荷枚数が1,000万枚を突破。デビューから4年9ヶ月で金字塔を打ち建てた。

2011年にAKB 48の公式ライバルグループとして結成された乃木坂46。名実ともに公式ライバルグループとして確立した事は事実だ。

16thシングル センター:橋本奈々未コメント
グループの卒業を発表してから、取材などで「乃木坂46でやり残した事はありますか?」という記者の方からの質問に対して、「やり残した事はありません。」と答えてきましたが、一緒に5年間活動してきたメンバーと共に、ミリオンを達成出来た事は本当に嬉しく、改めてやり残した事はないと実感がわきました。贅沢な事でもありますが、応援してくれているファンの皆さん、そしてグループを支えて頂いているスタッフの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

乃木坂46 キャプテン:桜井玲香コメント
スタッフの方からミリオン達成の一報があり、メンバー全員で喜びました。この5年間を振り返り、頑張ってきて良かったと率直に感じました。でもグループにとっては、あくまでも通過点なので、これからもさらに上を目指して頑張りたいと思います。

乃木坂46のシングル作品
※枚数は出荷枚数、認定は日本レコード協会認定
(2016年11月10日現在)
1st「ぐるぐるカーテン」(2012.2.22発売)271,000枚<プラチナ認定>
2nd「おいでシャンプー」(2012.5.2発売)289,000枚<プラチナ認定>
3rd「走れ!Bicycle」(2012.8.22発売)299,000枚<プラチナ認定>
4th「制服のマネキン」(2012.12.19発売)368,000枚<プラチナ認定>
5th「君の名は希望」(2013.3.13発売)375,000枚<プラチナ認定>
6th「ガールズルール」(2013.7.3発売)551,000枚<ダブルプラチナ認定>
7th「バレッタ」(2013.11.27発売)627,000枚<ダブルプラチナ認定>
8th「気づいたら片想い」(2014.4.2発売)661,000枚<ダブルプラチナ認定>
9th「夏のFree&Easy」(2014.7.9発売)663,000枚<ダブルプラチナ認定>
10th「何度目の青空か?」(2014.10.8発売)748,000枚<ダブルプラチナ認定>
11th「命は美しい」(2015.3.18発売)749,000枚<ダブルプラチナ認定>
12th「太陽ノック」(2015.7.22発売)824,000枚<トリプルプラチナ認定>
13th「今、話したい誰かがいる」(2015.10.28発売)855,000枚<トリプルプラチナ認定>
14th「ハルジオンが咲く頃」(2016.3.23発売)947,000枚<トリプルプラチナ認定>
15th「裸足でSummer」(2016.7.27発売)986,000枚<トリプルプラチナ認定>
16th「サヨナラの意味」(2016.11.9発売)1,013,000枚<ミリオン認定>
※シングル作品トータル出荷枚数 10,226,000枚

乃木坂46「サヨナラの意味」ミュージック・ビデオ

関連リンク

乃木坂46 オフィシャルサイトhttp://www.nogizaka46.com/
乃木坂46 オフィシャルYouTubeチャンネルhttp://www.YouTube.com/nogizaka46SMEJ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP