体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大人が恋する京都冬の美味】とりあえず「これを食べておけばOK」10選

今や世界的な観光都市「京都」。京都は風光明媚な景観だけではなく、独特の食文化にも惹かれますね。他の土地では食べられない、京都の美意識を感じるもの。冬の京都で食べたいうまいもんのために、京都へ向かいたくなるのです。

【京都冬の美味10選】おとなが恋する京のうまいもん

鯖寿司

【京都冬の美味10選】おとなが恋する京のうまいもん
(C)京都祇園新地 いづう

天明元年(1781年)創業、京の町衆がハレの日に好んで食べた味。完成されたフォルムに、京都の美意識を感じます。やや甘さを感じる鮨飯としめた鯖の相性が絶妙。

[京都祇園新地 いづう]

にしんそば

【京都冬の美味10選】おとなが恋する京のうまいもん
(C)総本家にしんそば 松葉

関東ではあまり見かけない、にしんそば。冬の京都には欠かせないもの。甘辛く炊いた味のしみた身欠きにしんから出る旨味と、蕎麦つゆがベストマッチ。京の底冷えから、身体を温めてくれます。

[総本家にしんそば 松葉]

湯豆腐

【京都冬の美味10選】おとなが恋する京のうまいもん
(C)facebook/そうだ 京都、行こう。(JR東海)

京の水で洗われた、雪のような豆腐。土鍋でふるふると揺れる豆腐は、冬の京都に似合います。

[総本家ゆどうふ奥丹清水] 

衣笠丼

【京都冬の美味10選】おとなが恋する京のうまいもん
(C)本家尾張屋

油揚げと九条ねぎを出汁で炊きあげ、卵でとじた「衣笠丼」。出汁がしみたおあげの旨味がたまりません。京都人は、おあげの扱いが本当に上手です。薄く切ったかまぼこと九条ねぎを卵でとじたものは「木の葉丼」と呼び、いずれも京都ならではの呼称です。

[本家尾張屋] 

■あわせて読みたい
【京都】大切な人と見たい、ロマンティックな「紅葉のライトアップ」
【京都】憧れの祇園の町家に泊まる大人旅
【男を磨く京都】大人が似合う「酒の名店」3つ

京都 ねぎうどん

【京都冬の美味10選】おとなが恋する京のうまいもん
(C)facebook/そうだ 京都、行こう。(JR東海)

うどんが見えないほど丼を覆うのは、たっぷり盛られた九条ねぎ。京野菜の九条ねぎの甘さを堪能しましょう。まんなかに盛られた生姜は、全体を引き締めるアクセントでもあり、身体をポカポカと温めてくれます。

[祇をん 萬屋] 

京都 ねぎ焼き

xhttps://youtu.be/l2epLWp_EXw
【You Tube】嵐山のむら名物の「ねぎ焼き」を1分で紹介/ いいみやこネット

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。