ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ふわトロとじ”の至福。やみつきになる親子丼レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

だしで煮た鶏肉を溶き卵でとじ、温かいごはんの上にのせるだけ。ふわふわトロトロの半熟卵で具材をとじた親子丼は、身近な材料でスピーディーに作れる上に、ごはんとおかずがセットになっている手軽さも魅力。一度食べたら絶対やみつきになる、魅惑の親子丼レシピをご紹介します。

卵を2回に分けて流し入れるのがコツ

親子丼

鶏肉は皮目にこんがり焼き色をつける、卵は半量ずつ分けてふっくら蒸すなど、王道の中にも独自の工夫が光るレシピです。

溶きすぎず、白身の食感をあえて残す

フライパンで!とろとろ親子丼

卵は軽く溶いて、白身の食感を残すのがおいしさの秘訣。卵液に水溶き片栗粉を加えるとふんわり仕上がります。

トマト&チーズで洋風アレンジ

トマト入り洋風親子丼

定番の親子丼をマスターしたら、洋風アレンジはいかが? マリネ液に漬け込んだ鶏もも肉がふっくらジューシー。洋食屋さんの親子丼です。

いずれの親子丼レシピも火を通しすぎず、トロトロの半熟具合に仕上げるのがコツ。鶏の旨味が溶け込んだ甘めのおだし、それを吸ってふっくら蒸された卵のコクで、ごはんがどんどん進みます。至福の親子丼、ぜひお試しください。

関連記事リンク(外部サイト)

こっくり味でごはんが進む!絶品「味噌炒め」レシピ
栄養パーフェクトな「秋ごはん」で旬を味わう
韓流アレンジで一気に新鮮! お弁当に合うおかずレシピ

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP