ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】アジア最大規模のインスタグラムネットワークを実現!急成長のPR会社タグピクを直撃

DATE:
  • ガジェット通信を≫

tagupiku_1今やSNSという枠を飛び出し、巨大なマーケティングツールと化したインスタグラム。インフルエンサーとともに注目を浴びているのが、彼らを擁するインスタグラム事業会社だ。ソーシャルネットワーク以上に、その躍進には目を見張るものがある。

昨年創業のタグピクも、そんな企業の1つ。アジア最大規模のインフルエンサーを抱えるインスタグラム事業PR会社として、急成長を遂げた同社。AI活用型キャスティングシステムやインフルエンサーを起用した動画制作など、次世代型のマーケティングサービスも、注目の的となつている。

先月末には、コンテンツビジネスの戦略投資会社DK Gateからの資金調達を決行。新たなフェーズへと向かい始めたようだ。代表取締役、安岡 あゆみ(やすおか あゆみ)氏と、取締役/CTOの泉 健太(いずみ けんた)氏に、早速詳しい話を聞くことにした。(写真:向かって左が安岡氏、右が泉氏)

・新規事業展開の準備として資金調達を決行

Q1:まずは、起業の経緯について、創業者さまの経歴等を 交えながらお聞かせください。

tagupiku_2(安岡氏)私自身、10代の頃から読者モデルとしてPRのお仕事を続けてきました。経営者としては、タグピク創業前に一社、PR会社を立ち上げています。

とはいえ、昔から起業家をめざして創業したわけではなく、読者モデル時代に私自身がインフルエンサーとして体験した、個人の力を生かしたサービス提供がしたい、という思いが事業作りおよび会社創業の動機となっています。

今でもその想いは変わらず、PRをしたい企業さまとインフルエンサーの双方にとって、価値の高いサービスを提供することを、モットーとしています。

Q2:今回新たに資金調達されたのは、何のためでしょうか。

tagupiku_3(安岡氏)今回出資していただいたDK Gate社は、講談社とデジタルガレージの合弁会社です。詳細についてはまだお伝えできないのですが、この2社の持つ質の高いコンテンツおよび編集力と、弊社の持つインフルエンサーネットワークを活用した、新規事業展開のための準備として、今回の資金調達に至りました。

新規事業の詳細については、現時点で開示できるものがないため、両社の強みをご理解の上、期待していただければ幸いです。

・インフルエンサーネットワークの拡大とグローバル企業のサポートに尽力

Q3:御社で開発された「#CASPIC」とは、どんなシステムなのでしょうか。

(泉氏)「#CAPIC」は、弊社が保有する約1700名のインフルエンサーデータを一括管理しつつ、AIを活用した最適なキャスティングを提案するシステムです。

これまでキャスティング業界では、商材やターゲットに合わせたインフルエンサーを人力で抽出し提案する、というフローが一般的でした。しかし、「#CASPIC」では、インフルエンサーの持つ属性やSNSでの投稿傾向、得意な領域や過去の案件実績などのデータベースに基づき、企業さまにとって最も合理的かつ最適なマッチングを実現します。

Q4:創業から1年経ち、新たな局面を迎えられたかと思われます。 ここで資金調達後の展開について、お聞かせください。

tagupiku_4(安岡氏)創業から現在までの1年は主に、国内の企業さまおよびインフルエンサーをメインとした事業を展開してまいりました。今後はそれに加えて、海外、特にアジアのインフルエンサーネットワークの拡大と、グローバル企業さまのサポートに、積極的に取り組んでいきます。

すでに海外のインフルエンサー数は、弊社が管理するインフルエンサーの約50%を占めており、フォロワーの増加数ベースでは、国内以上の規模に成長しつつあります。これに伴い、「#CASPIC」もグローバル対応を進め、国内外の企業さまに向けた提案ができるよう、開発を進めているところです。

企業のマーケティング支援策として、欠かせない存在であるインスタグラム。無尽蔵の影響力を放つこのシステムを、どうやって昇華させていくのか、同社の今後の動きに注目したい。(取材・文 乾 雅美)

タグピク/公式ホームページ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。