ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アメリカン・フィルム・マーケット】ロバート・パティンソン&パトリシア・アークエット主演のSFスリラー映画『High Life(原題)』、資金調達に成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ロバート・パティンソン、パトリシア・アークエット、ミア・ゴスが出演するSFスリラー映画『High Life(原題)』が、アンドリュー・ローレン・プロダクションからの資金調達を受け、2017年春に製作に入ることが決定した。

アメリカン・フィルム・マーケット(AFM)で、同社は、フランス出身の映画監督クレール・ドニの初の英語作品である『High Life(原題)』のプロデュースと資金調達のために、アルカトラズ・フィルムズ、パンドラ・フィルム・プロダクション、ジ・アポカリプス・フィルムズ、マッドアンツと提携することを発表した。同作は現在、米国外の海外セールスを担当するワイルド・バンチから十分な資金調達を受けている。

同作は、有罪を宣告された犯罪者たちが、刑務所に入るのと引き換えに宇宙船でブラックホールへ向かう危険な任務に挑むというストーリーだ。

アンドリュー・ローレン・プロダクションのアンドリュー・ローレンと、共同パートナーのD・J・グッゲンハイムは、アルカトラズ・フィルムズのローレン・クラークとオリヴィエ・テリ=ラピネ、パンドラ・フィルム・プロダクションのクラウディア・ステファンとクリストフ・フリーデル、ジ・アポカリプス・フィルムズのオリバー・ダンジーと並んで同作をプロデュースする。マッドアンツのクラウディア・スメイジャも共同プロデュースを手掛ける。

『High Life(原題)』は、フランスではアルテ・フランス・シネマ、フランス国立映画センター、ドイツではNRWフィルム財団、メディエンボード・ベルリン・ブランデンブルク、Filmförderungsanstalt、アルテ/WDR、DFFFの協力を受け、イギリスでは英国映画協会、アルタリスと共に開発し、ポーランドではポーランド映画協会が資金調達を担当する。

アンドリュー・ローレン・プロダクションは、米ワーナー・ブラザースと共にSFコメディ映画『The Shower(原題)』を開発中で、さらに、テイラー・シェリダンが脚本を手掛けるタイトル未定の2本のプロジェクトを進行中だ。同社が手掛けた作品には、映画『The Spectacular Now(原題)』、映画『イカとクジラ』、セカンドライフのドキュメンタリー映画『Life 2.0.(原題)』が含まれる。

CAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)が今回の取引の仲介を手掛け、米国内における配給権利の代理人を務める。アンドリュー・ローレン・プロダクションは、デイビット・ボイル弁護士を代理人としている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP