体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

40年続く老舗大衆食堂「力餅食堂」で、関西のローカルめし「木の葉丼」を食べる

f:id:Meshi2_IB:20161102083351j:plain

関西限定の丼、「木の葉丼」とは

私は大阪市都島区に住んでいる。都島駅周辺はどちらかというと商店よりも住宅が目立ち、駅前もそれほど大きく発展しているわけでもなく、飲食店はチェーン系が多い雰囲気なのだが、自転車で走り回っていると、町の片隅に味のある大衆食堂が何軒も残っている。

ふらっと入ってみると、壁のメニューには、日替わり定食、トンカツ定食、焼肉定食、カツ丼、親子丼、きつねうどん、月見うどん、肉うどん、ライス、豚汁……といった定番ものが並んでおり、さて今日はどうしようかと悩むところなのだが、丼もののセクションに「木の葉丼」というメニューがある。

「木の葉丼」……。そういったものが関西にはあると以前聞いたような気がするが、どんな丼なのか想像ができない。

f:id:Meshi2_IB:20161102083159j:plain

注文してみたところ、こんな感じであった。

細切りした蒲鉾と青ネギ、玉ねぎを卵でとじ、海苔を散らしてある。親子丼の鶏肉の代わりが蒲鉾になっているような感じだ。

f:id:Meshi2_IB:20161102083237j:plain

ダシが効いた甘じょっぱいタレがご飯までたっぷりしみて美味しい。肉っ気がないので、それほどボリュームを感じず、食べ終わると、ちょうどいい量のものが胃に収まったような感じがした。

ヴィンテージ感あふれる「力餅食堂」

f:id:Meshi2_IB:20161102083248j:plain

JR天満駅付近から中崎町の方へ抜ける「天五中崎通り商店街」沿いに「力餅食堂 中崎店」という大衆食堂がある。

f:id:Meshi2_IB:20161102083256j:plain

ガラスケースの中に、天丼や肉うどんの食品サンプルが並ぶ、これぞ、という雰囲気の食堂である。

「力餅食堂」は、兵庫県豊岡市で饅頭店を営んでいた池口力造さんが、1895年に京都の寺町に出したお店が発祥。大正期以降、のれん分け制度で支店が次々に増えていき、一時期はおよそ180店もの「力餅食堂」が近畿・中国地方に存在したという。兵庫県豊岡市の饅頭店からの歴史を含めると、127年もの歴史を持つ大衆食堂の一大勢力なのである。

ここ「力餅食堂 中崎店」は、1977年創業。来年40周年を迎える老舗店だ。

f:id:Meshi2_IB:20161102083306j:plain

両脇にテーブル席、中央に一人客用のカウンターテーブルが配された店内は、時間の蓄積を感じさせる調度品の風合いも味わい深く、心落ち着くムードだ。

f:id:Meshi2_IB:20161102083313j:plain

壁には「力餅食堂」1号店の写真も。

f:id:Meshi2_IB:20161102083323j:plain

さて、メニューを見てみると、あったあった「木の葉丼」。丼物の右から4番目にデーンと構えております。

f:id:Meshi2_IB:20161102083351j:plain

早速注文させていただくと、運ばれてきたのがこちら。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。