ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAPブレイクの功労者、作詞家・森浩美氏「心から感謝」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 作詞家の森浩美氏(56才)は感慨深げに「願わくば、80才になっても歌い続ける彼らの姿を見たかった。寂しいなぁ…」と語り始めた。森氏はSMAPのデビュー曲『Can’t Stop!! -LOVING-』の作詞を担当し、その後も『オリジナル スマイル』や『青いイナズマ』、『SHAKE』など、数多のヒット曲の作詞を手がけてきた御大。

 音楽番組が次々と姿を消し、「アイドル氷河期」と呼ばれた1990年代、森氏はSMAPを支え、大スターに育てた功労者であり、ファンの間では「神様」とも呼ばれる存在だ。

 11月3日、SMAPの25周年記念ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』(12月21日発売予定)に収録される50曲が発表され、森氏が作詞した楽曲は8曲が入った。

 収録曲はファン投票の結果選ばれたもので、総投票数は約200万票。最後のアルバムの発売を前に、森氏は25年の絆に思いを馳せる。

「最初にメンバーに会ったのはデビュー前で、中居くん、木村くんは15才。慎吾くんなんて、まだ小学生だった。本当に“かわいいな”っていうのが第一印象で、学校の部活みたいな雰囲気だったね(笑い)。最初は、他のジャニーズに比べてすごく苦戦していた。だからこそ、彼らにはいい詞を書いてあげたいって、そればかり願っていました」

 SMAPはジャニーズのアイドルの中で、デビュー曲がオリコン1位を取れなかった初めてのグループだった。その後も鳴かず飛ばずで、行き場のなくなった彼らはコント番組に進出。従来のアイドル像を壊す方向に活路を見いだすが、「笑われるアイドル」という立ち位置に、メンバーの抵抗感は強かった。

 辛酸をなめた彼らを思って森氏が書いた楽曲が、今回ファン投票で4位にランクインした『オリジナル スマイル』である。

「この曲は1994年、木村くんが出演する『オロナミンC』のCMソングだったので、元気な曲にしようと思っていました。でも、他のアイドルのようにただ明るくて元気なだけの曲はSMAPらしくない。苦労して、やっと人気を勝ち取った彼らのために、“どうにもならないこともあるけれど、それでも前を向いて頑張ろうよ”という意味をこめました。『山ほどむかつくことはあるけれど』というフレーズがまさにそうで、なにくそ! という反骨精神がSMAPのカラーに合っている気がしたんです」(森氏)

 同シングルはそれまでのSMAP史上最高となる40万枚を売り上げ、彼らの人気を不動のものにした。2011年にリリースされたベストアルバム『SMAP AID』でのファン投票では1位に選ばれている。

 1996年には『青いイナズマ』『SHAKE』『ダイナマイト』と森氏が3作連続で作詞を担当。いずれも1990年代のSMAPの代名詞ともいえるほどの超人気楽曲となった。

「歌はCDの中に残りはするけれど、生き続けるためには歌ってもらうしかないんです。20年以上も前の曲が今なお人々の中に息づいているのは、SMAPのメンバーがずっと輝き続け、歌い続けてくれたからこそ。彼らには心から感謝しています。SMAPとかかわることができて、私は幸せでした」(森氏)

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
SMAPファン デビューCD3枚買ったのがバレ親に怒られた
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド
クリス松村が独自視点で綴ったアイドル論 特典商法に警鐘も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。