ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮本慎也 園児向け野球教室で投げ方知らぬ子続出に驚く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この人ほど球界の将来を憂えている野球人はいないかもしれない。野球評論家の宮本慎也(46)だ。

「日本の野球人口は確実に減っている。息子が少年野球をやっているし、僕自身も子供向けの野球教室を開いて子供たちと接しているのでよくわかります。引退前にも子供の野球離れを感じていましたが、辞めて指導する立場になると、かなり深刻であることを痛感させられました」

 一般的なプロ野球OBが主宰する野球教室は、小学生以上に技術指導をするケースがほとんどだ。しかし宮本はそれよりも下の世代、保育園や幼稚園の園児を中心に据えている。

 9月某日、品川区立浜川幼稚園で野球教室を開いた。今年の春から月に1~2回のペースで自身が住む品川区の保育園や幼稚園を回っている。「多くの子供たちに野球を知ってもらい、野球人口を増やすきっかけになれば」と区に提案し、実現したものだ。

 35人の園児を前に、まずは挨拶。宮本が優しい声で問いかける。「野球って知っている人~?」との質問に、園児からは「知らな~い」と返ってきた。

「大谷(翔平)君のことは?」
「知らな~い」
「おっちゃんのことは?」
「知らな~い」

 会場が笑いに包まれる。宮本は笑顔を崩さず、「じゃあ今日はおっちゃんとボール投げして遊ぼう!」と、野球教室が始まった。

 ところがいざボールを投げさせてみると、驚きの光景が目の前に広がった。右足を踏み出しながら右手で投げる園児が続出したのだ。

「昔は子供の遊びは空き地での野球しかなかったので、“右手にボールを持って左足を前に出すんだよ”なんて、いわれなくてもわかったんですけどね」

 宮本は寂しそうに呟く。

「サッカーは地域密着を大事にして、Jリーガーが幼稚園の園庭でボールを蹴らせていると聞きます。野球はこの分野では遅れている。引退して感じたことは、球界が下から上までがひとつになっていないということでした。ボールを蹴られても投げられない子供が増えたのは、球界の結束力のなさも大きな理由の1つだと思っています。

 このままだと子供たちの中での野球という選択肢がなくなってしまう。小学生の野球教室も重要だし、それももちろんやっていますが、優先順位をつけると野球人口を増やすことが先だから、園児たちとの時間を大事にしています。ボールに触り、こうやれば遠くに投げられ、飛ばせるとわかってくれたらいいと思っています」

 野球教室は1時間。打席に設置されたティーの上のボールを打って競技を行なう「ティーボール」のほか、野球には欠かせない「サイン」もゲームに組み込まれている。

 子供は宮本が頭に手を置けば赤のポールに集まり、胸に手を置けば青のポールに集まる。これは子供に体だけでなく頭を使わせるため。野球教室を開いた幼稚園の園長からの提案だったという。野球教室を開いた幼稚園にはティーボールセットがプレゼントされ、その後は園児たちのお遊戯の1つとなる。

「園児は人の話を聞いていないので(笑い)、一緒に遊ぶ感覚です。打てば楽しい、投げれば面白いと思ってもらうのが一番。できれば親御さんたちを巻き込みたいですね。お母さんたちなら僕のことを知っているでしょうから(苦笑)。

 来年は品川区の枠を外したいと思っています。小学校に上がった時点で野球という選択肢があるようにしたいけれど、無理してやると続かないのでできる範囲でやりたい。今は1人ですが、他のOBも賛同してやってもらえるようになれば嬉しいですね」

●みやもと・しんや/1970年、大阪府生まれ。PL学園高から同志社大、プリンスホテルを経て1994年ドラフト2位(逆指名)でヤクルトに入団。2001年のシーズン67犠打はプロ野球記録。遊撃手と三塁手でゴールデングラブ賞を計10度獲得。アテネ、北京の両五輪で日本代表主将、日本プロ野球選手会の選手会長も務めた。2013年に現役を引退。生涯成績は実働19年、打率.282(2133安打)、62本塁打、408犠打。

■撮影/藤岡雅樹 ■取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
長嶋茂雄氏 野球教室の打撃指導でブシュ、シュッ、バーン!
「名球会メンバーの野球教室」 ギャラはひとり50万円
宮本慎也の守備 立浪・片岡に暴投できぬPL時代の緊張が原点

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP