ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

急増する「肺MAC症」 3種類の抗生物質併用で治療

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 結核菌は酸に強い菌で、強い酸性を示す胃酸の中でも生き続けることができる。このような酸に強い菌の仲間で結核菌以外の抗酸菌の感染により起こる慢性の呼吸器疾患が、肺非結核性抗酸菌症(はいひけっかくせいこうさんきんしょう)だ。

 抗酸菌は、家の水回りや土の中など身近なところにおり、日本ではマイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(頭文字をとりMACと称す)という菌による肺MAC症が多く、肺非結核性抗酸菌症の約9割を占める。

 感染しても無症状のこともあり、たまたま撮影したX線画像で影が写ったり、咳や痰が3週間以上続き治らない、元気だったのに突然、痰に血が混じったなどで病院を受診し、発見されることが多い。

 東京高輪病院感染症内科・MAC専門外来の岡秀昭部長に話を聞いた。

「肺MAC症の特徴は、結核と違い、人から人への感染はなく、高熱が出ることもありません。症状はゆっくり進行します。診断はCT画像と痰の中に菌がいるかどうかで検査します。しかし、痰から菌が見つかったとしても、外から混じった可能性も考えられるため、何度か痰を取り、検査をすることで確定します」

 40代以上の女性で多く発症するが、どこでどのように感染するかは不明だ。近年、患者が急増し、患者数は結核を上回り、2014年には死亡者数が1300人を超えた。病気の進行は人によって異なり、無症状の場合もある。大半は10~20年かけてゆっくりと症状が進むが、中には数年で急に悪化するケースもある。

 発症すると両側の肺の真ん中前方に、感染による粒状陰影(りゅうじょういんえい)というブツブツができ、気管支が拡張する。徐々に進行するため、治療の選択とタイミングが難しい。高齢者の場合は、薬の副作用を考慮して治療しないという選択もある。40~50代の場合は、体力と副作用のバランスを見ながら治療を行なう。

 結核菌の特効薬があまり効かないため、治療はクラリスロマイシンという抗生物質を中心に、結核の抗生物質を2種類併用し、1年以上飲み続ける。結核における半年の服用と比べてみても、倍以上の時間がかかる。

「肺MAC症には、クラリスロマイシンという抗生物質がよく効きますが、1剤での服用ではなく、最低でも2種類を併用して使います。クラリスロマイシンはマイコプラズマや百日咳に効果があるため、咳に効果があると拡大解釈されてクリニックなどでよく処方される薬です。

 服用すると咳の症状は一時的によくなるのですが、やめるとぶり返し、耐性菌ができます。服用後に肺MAC症と診断された場合、この薬が使えなくなることもあり、そのような時には治療薬選定に苦労します」(岡部長)

 徐々に症状が悪化してくると拡張した気管支に痰が溜まり、そこで他の菌が増えて肺炎を起こしやすくなるので、注意が必要だ。インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンを打つなど肺炎の予防も大切になってくる。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
命の危険を脅かす身近な咳の病気・結核 深刻化する恐れも
治療困難な結核が拡大中 咳や発熱が2週間以上継続時要注意
今冬は「A香港型」が流行 純国産吸入型治療薬も登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP