ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上戸彩が親しい知人に相談「万が一離婚したら子供は私が…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 上戸彩(31才)は親しい知人にこんな相談をした。「万が一離婚することになっても、子供だけは絶対に私が育てたいから…」──上戸が口にした一言。その真意とは?

 2012年にEXILEのリーダー・HIRO(47才)と結婚した上戸。入籍からおよそ3年後の2015年8月に長女を出産。待望の第一子だった。

◆万が一のことを考えると…

 結婚後、HIROに大きな変化があった。2013年にEXILEのパフォーマーを卒業、HIROは自身が社長を務める芸能事務所の社長業に専念するようになった。

 会社は拡大を続け、HIROは会社業務に加えて後輩育成、プロデュース業などもこなす。現在、EXILEは劇団を含めて7つの派生グループを持ち、そのすべてを統括するHIROにかかる負担は大きい。

「100人の所属アーティストと250人の社員の生活を守るHIROさんの毎日は激務続き。朝10時に出社して日中は打ち合わせ、夜はほぼ毎晩遅くまで仕事関係の会食が入ります。本人は体育会気質だから、“これくらい社長だから当然のこと”と意に介しませんが、スタッフは本気でHIROさんの体調を心配するほどです」(HIROを知る関係者)

 超のつく激務の影響が、子供が生まれたばかりの家庭に及ばないわけがない。

「上戸さんは実家のお母さんが頼みの綱で、母親と上戸さんと娘の3人暮らしのような状況になってしまったこともあった。HIROさんが忙しいのは理解しているものの、家族ってこんなものかなぁ…と少しズレを感じていたと思います。夫がいなくても、自分の母親がいてくれたほうが生活が成り立つな~、なんて出産間もない主婦は一度はみんな思うことでしょうけどね」(上戸の知人)

 今年に入って、夫婦の「不仲説」がたびたび報じられた。仕事を終えたHIROが自宅とは別のマンションに帰宅する様子も度々目撃された。

「そのマンションは自宅から少し離れた場所にあるゲストハウスです。上戸さんのお母さんがお泊まりしていたり、HIROさんも確かに出入りする。そんな様子が“別宅”と言われて誤解が広がった部分もあると思います」(前出・HIROを知る関係者)

 本格的な仕事復帰を果たして、子育てと余裕のない生活を送る上戸に追い打ちをかける出来事が。

「HIROさんにお気に入りの女の子がいるという記事が報じられたんです。事務所の若い後輩でした。今までなら“ウソだ~”と笑い飛ばしていたと思います。でも、今回は何か上戸さんの中でひっかかってしまった。そして、こんなことで笑っていられない自分自身に戸惑ってしまったんです」(前出・上戸の知人)

 上戸はHIROより16才年下。しかし、結婚時にHIROが《ひたむきに頑張ってきた彼女を見ていると本当に勉強になることばかり》とコメントを出したように、彼から“一人の人間として認めてもらっている”という自負が上戸にはあった。

「“HIROさんって若い女の子が好きなのかなぁ…”とポツリと言っていました。“私のことを認めてくれていたというより、同じようにかわいがってもらった延長で今があるんだとしたら…”と不安に思ったんじゃないでしょうか。今一度、自分が置かれている立場を考えるきっかけになったんだと思います」(前出・上戸の知人)

◆「子供との生活だけは手放せない」

 そして上戸は信頼のおける数人に“重大な相談”をもちかけた。

「万が一の場合、どちらが子供と暮らすのかを争ったらどうなるのか。上戸さんとしては絶対に手放せない愛娘ですから、ここは気になりますよね。上戸さんから切り出したらどうなのか、子供を奪われる可能性はあるのか、と」(別の上戸の知人)

 離婚して生きていく覚悟を決めたとしたら、どうやって仕事を続けていけるのか、についても意見を求めていた。

「子供を食べさせていくにも、自分が自立するためにも、仕事は必須。ただ、CMやドラマ、映画などの契約に離婚がどう引っかかるかということも気にしていたみたい。夫婦の財産の面もそう。マンションや貯金ってどう分けるものなんだろう…って」(前出・知人)

 上戸の決心が固まっているわけではない、と知人は言う。ただ、夫への「迷い」が拭えずにいるという。

「上戸さんは、HIROさんの熱い思いが詰まった会社の体育会系的な気質に否定的ではありません。むしろ、HIROさんと仲間たちの夢を応援したいという気持ちが大きい。でもどうしてもHIROさんの周りは男同士のつながりが強く、なんとなく女性はないがしろにされがちと感じてしまう。HIROさんの会社のことは、上戸さんにとっては家族の将来を左右する大事なことです。でも、そういう相談は一切なしみたいで…。もし会社に何かあったら、負債を負う可能性だってあるのに。

 そんな中、最近、HIROさんの周囲が騒がしいことがさらに気にかかっていました。世界進出という一方で、音楽賞を金銭で買ったと報じられたりする。上戸さんは“絶対にそんなことはない”ともちろんそこは信じていますが、毎日会食で深夜から明け方に帰ってきてゆっくり相談する間もない夫に不安を抱えるのは当然のことだと思います」(前出・知人)

 そうした不安の中で口をついて出たのが、「離婚」の文字だったようだ。

「上戸さん、今はじっと見ているという状況なんじゃないですか。HIROさんにいたってはそろそろ“2人目が欲しいなぁ”なんて言っているくらいですから、寝耳に水の話だと思いますよ」(前出・知人)

 つい先日目にした家族3人で笑い合う姿は幸せそのものに映った。9月にも10月にも夫婦が共に外出する姿や外食する姿が見られ、周囲も「仲がいいように見える」と口を揃える。今ならまだ、引き返せるのか──。上戸が夢見た結婚生活は岐路に立っている。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
上戸彩 三代目J SOUL BROTHERSに「姐(あね)さん」と呼ばれる
結婚した上戸彩に芸能界の母・泉ピン子が宝石をプレゼント
上戸彩「山口百恵さんになりたい」とHIROを支える妻が理想像

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP