ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「東京蚤の市」が第10回を迎えます。今回も「東京豆皿市」「東京北欧市」が併催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年11月19日(土)・20日(日)の2日間、東京・調布の「京王閣競輪場」で、「第10回 東京蚤の市」が開催されます。

2012年5月に始まって以来、年に2回ずつ開催を重ねてきた東京蚤の市。本場ヨーロッパの蚤の市の雰囲気を味わえるとあって、今では2日間で3万人以上が訪れる人気のマーケットイベントへと成長しました。

出店しているのは、古道具、古家具、古着、雑貨などの物販のほか、飲食店やアーティストなど200組ほど。「古き良きものを愛でる人々」が集まり、買い物やワークショップ、ライブなどを楽しめる場を作り上げています。

また、好評の「東京北欧市」や、今春にデビューした「東京豆皿市」もパワーアップして同時開催されるそう。

広々とした屋外で大人も子どもも、みんなで楽しめるマーケットイベントです。入場料は500円、小学生以下は無料です。秋のおでかけに、家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

パフォーマンスも盛況です。

お店によってはワークショップも開催しています。

第10回 東京蚤の市

会期:2016年11月19日(土) 9:30~17:00

2016年11月20日(日) 9:00~17:00

※雨天決行

会場:東京オーヴァル京王閣(京王多摩川駅臨時改札口すぐ)/東京都調布市多摩川4−31−1

入場料:500円(小学生以下無料)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

Vitraの日本初のポップアップショップ! ここだけの限定商品も登場
世界に1つのミッフィー入手のチャンス!? 「ミッフィー・アートパレード チャリティーオークション」
biotopeバザー開催! インテリア雑貨を特別価格で

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP