ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

舌が白いのは病気のサイン? 舌苔ができる原因と対策方法

  • ガジェット通信を≫


あなたの舌の色は何でしょうか? 綺麗な赤色をしていますか? 最近では舌が白くなっているという人が増えてきています。

様々な病気のサインとも言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回は舌が白くなる舌苔をご紹介します。

要チェック項目

□舌苔は体調不良のシグナルでもある

□舌苔は細菌と食べ残しのカタマリ

□舌苔はついてしまうと取らないとなくならない

最近自分の舌が白い

舌苔という言葉を聞いたことがありますか? これは、「舌苔(ぜったい)」と呼び、舌の上についている白や黄色の付着物の子を言います。

かつては、このような舌苔というものはつかなかったのですが、近年では多くの人にこの舌苔というものが付着しています。

舌苔は、口臭の元となってしまったり、または様々な病気のサインであるとも言われています。事実、この舌苔の付き方によって、口の中や体の異変に気付くこともできるのです。

まさに健康のバロメーターともいえるのですが、この舌苔というのはどうしてできてしまうのでしょうか?

舌苔とは

そもそも、舌苔というのはどのようなものなのでしょうか? ここで改めて舌苔について簡単にご紹介したいと思います。

舌苔というのは、舌の表面の角質が何かの原因により伸びあがり、硬くなります。硬くなるだけなら問題ないように思えますが、この隙間に細菌が住みつき、汚れがこびりつきます。

それによって、自分の舌がまるで白く苔が生えてしまったかのように見えてしまいます。生活習慣や病気などの様々な原因とされることが多いのですが、時には原因不明の場合もあり、悩まされてしまう事があります。

舌苔というのは、基本的に白っぽく見えてしまうのですが、その時の地震の体調や生活習慣により、黄色や茶色の舌苔になってしまう事があります。このような状態になってしまうと、特に口臭がきつくなるといわれています。

舌苔ができる原因

舌苔というのは、健康で規則正しい生活を送っている人でもある程度はつくことがあります。そのため、舌苔があったからといって、必ずしも何らかの問題を抱えているというわけではありません。

ですが、多くの場合で何かしらの問題により舌苔ができることがあるのです。

口腔内の衛生環境の悪化

歯磨きをしっかりしないで不衛生な状態が続くと、口内細菌の増加や食べ残し等により舌苔が増加しやすくなります。

体調不良、寝不足による免疫力の低下

免疫力が低下してしまうと口の中の細菌が活発化し増加しやすくなります。

口呼吸、ストレス、薬の副作用による唾液の減少

唾液には殺菌作用や、免疫機能が備わっています。唾液が減少すると細菌が活発化します。

アルコール、喫煙

アルコールを飲むと利尿作用により口の中が乾燥します。喫煙においても口の中を乾燥させるので、唾液不足により細菌が増加します。

胃腸の悪化

胃腸が悪化しているときには、全身の免疫力が低下していることが多いです。そのため、胃腸が悪いときには、口腔内の免疫力も低下し細菌が活発化します。

舌苔ができてしまう事による悪影響

舌苔ができてしまったというだけでは、命にかかわることではありませんので、多くの人が舌苔など気にせずに生活しています。

実際のところ、体調が悪いときに舌苔が付きやすいのであって、舌苔ができたらそこから他の病気になるという事はほとんどありません。

ですが、日常生活にある程度の支障をきたしてしまう可能性があります。それは、見た目と口臭です。

見た目

思いっきり舌を相手に見せる状況というのはあまりないかもしれませんが、ふとした時に見えた舌が真っ白になっていると、相手が不快に思うことが多いです。

体調不良により、舌苔ができてしまったにしても、相手からはなかなかわかりませんので、不衛生な人だと思われてしまう可能性があります。

口臭

舌苔は、細菌と食べ残しのカタマリです。それ単体でもにおいを発してしまうものですが、細菌が食べ残しをエサにして、においを発する物質を生み出してしまいます。そのため、口臭の原因となってしまいます。

舌苔の改善方法

舌苔がついてしまったら、取り除くほかには解決するすべはありません。物理的に取る際には、舌を傷つけないようにとる必要があります。

舌というのは、味覚をつかさどるものであり、かなり繊細なものです。無理のないようにしましょう。

舌ブラシ

舌苔専用の舌ブラシがあります。歯ブラシのたびに毎回するのではなく、朝起床時に1回するだけで十分です。また、舌が傷ついているときには使用を控えましょう。

やわらかいタオル

やわらかいタオルを使って、優しく舌苔をとりましょう。舌ブラシと同様の効果を得ることができます。この時注意するのは、ゴシゴシとしないようにしてください。軽く撫でるようにするだけで十分に舌苔を取ることができます。

舌苔知らずの綺麗な舌に

今回は、舌が白くなってしまう舌苔の原因や症状についてご紹介させていただきました。

舌苔はそれ自体が病気ではありませんが、何らかの体調不良のシグナルであったり、不摂生が原因となります。

体調管理のサインとして丁寧にケアをしていきましょう。舌苔を取る場合は、舌を傷つけないようにやさしくとることがポイントです。皆さんもぜひ舌苔知らずの健康的な舌を維持しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

舌苔って、とったほうがいいの? 舌ケアの真相
口臭の原因とは?口臭チェッカーでいろんな匂いを計測してみた
口臭は5つの原因から!今日からできる正しいお口のエチケット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP