ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

万能ダイエット酢「レモンビネガー」の人気が凄い!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

万能ダイエット酢「レモンビネガー」の人気が凄い!

ダイエットに美容に効果大「レモンビネガー」生活を始めよう

ダイエットにも効果的な「レモン酢」について紹介します

今テレビや雑誌で話題の「レモンビネガー(=レモン酢)」。
ダイエットに興味のある方なら、作ったことがあるかもしれませんね。
実はかれこれ10年以上、体型と健康維持のために、飲み続けている飲み物のひとつがレモンビネガーなのです。
今回は、レモンビネガーに興味のある方へ、基本のレシピと美味しいアレンジをご紹介します。
よかったら、作ってみてくださいね。

 

基本の材料は3つだけ「レモンビネガー」の作り方

基本の材料は3つだけ「レモンビネガー」の作り方

■材料(300mlビン1個分)
・レモン 1個
・氷砂糖 100g(はちみつでも)
・穀物酢 200ml(リンゴ酢でも)
・好みで柑橘類(ゆず、シークワーサーなど) 1~2個
■作り方
① レモンの表面をぬるま湯で洗い、水気をふきとる。3~4㎝幅にスライスして種をとる。好みの柑橘類は果汁が出やすい形に切る(4等分かスライス)。
② 耐熱性の保存ビンにレモンと氷砂糖を交互に入れ、お酢を注ぐ。
③ 2のふたを開けたまま、電子レンジ(500W)で30秒ほど加熱し、好みの柑橘類を入れる。ビンにふたをして1日常温に置き、氷砂糖を溶かす。完成後は冷蔵庫で保存する。
*賞味期限 約2週間
●アレンジ
・好みの柑橘類は飲むときに果汁を絞って加えてもOKです。フレッシュな味わいを楽しめます。
・ローズマリーやミントの葉、カモミール、ラベンダーを風味程度に加えてもOKです。
●「レモンビネガー」の1日の摂取量と飲み方
・摂取量の目安は大さじ5杯程度。
・飲み方は、大さじ1杯を3~4倍の水で割って飲みます。(水、お湯、果汁ジュース、炭酸水など)
●「レモンビネガー」のいろいろなアレンジ
・牛乳や豆乳で割ってヨーグルト風に。
・マリネ液として野菜を漬けたり、ドレッシングに、醤油を足してポン酢代わりに。
・レモンビネガーのレモンをトーストにのせて焼き、はちみつ、クリームチーズをのせる。
・レモンの皮を刻んでコロッケに入れたり、肉ステーキのレモン酢ソースや焼き魚に添えて。
・ちらし寿司やパスタ、炒め物、マヨネーズと混ぜてタルタル風に。

 

疲労回復&リラックス、美肌にも!女性にうれしいお酢ドリンク

疲労回復&リラックス、美肌にも!女性にうれしいお酢ドリンク

女性を美しく元気にする「レモンビネガー」。その嬉しい効果をご紹介します。
① 脂肪燃焼の促進
② 疲労回復
③ アンチエイジング
④ デトックス(老廃物の排出)
⑤ 血圧の低下
いかがでしたか。やはり1位は脂肪燃焼の促進ですね。
特に注目の成分は、レモンとお酢に含まれるクエン酸によるもの。クエン酸は体内の糖を分解しエネルギーに転換する働き(=クエン酸サイクル)を高めて、脂肪燃焼を促すといわれます。
またお酢は、疲労回復や毒出し、血圧の低下にも有効なのだそう。
レモンはアンチエイジングや美肌、冷え性の改善、骨粗しょう症に効果があるといわれています。
「レモンビネガー」を飲んですぐに体感できる効果は疲労回復です。
仕事や育児で疲れた後、運動の後に水で割ったレモン酢を1杯飲むと、疲れの回復が違います。
ダイエットにも美容にも、疲れをためず代謝を下げないことが大切です。
ぜひ、レモンビネガーを活用して、その日の疲れはその日のうちに解消してくださいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。