体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【新宿駅まとめ】新宿って知った気になっていたけど、まだまだディープなんですね

f:id:Meshi2_IB:20160904212949j:plain

新宿。おしゃれなお店も味ありすぎなお店も、人種もタイプも様々な人間が共存している街。そんな新宿が大好きなメシ通編集部です。

新宿は散々通ってかなり知った気になっていたけど、まだまだ未知なるディープなお店がたくさんあるんですよね。

今回はそんな新宿ディープサイドのお店、3軒ご紹介しますよ!

まずは、歌舞伎町の最深部で朝まで営業しているラーメン店です。

すっぽんらーめんを食す! 新宿歌舞伎町の最深部にある名店「利しり」

f:id:Meshi2_IB:20160904213707j:plain

今回ご紹介するのは、なんと、「すっぽんらーめん」!

f:id:Meshi2_IB:20160904213930j:plain

歌舞伎町の最深部までやってきました。

本当にこんなところにラーメン屋さんがあるのでしょうか……。

f:id:Meshi2_IB:20160904214020j:plain

っと、ありました、「オロチョンラーメン」と書かれた赤提灯。

なんとも魅力的です。

こちら、「利しり」は、歌舞伎町のど真ん中にあり、営業時間は18:30からなんと翌5:00まで。

赤提灯にデカデカと書かれているので、もちろん「オロチョンらーめん」を注文しようと思ったら、メニューに、ベーシックなラーメンだと思われる「利しりらーめん」の文字が。

店員さんに聞くと、「辛さを自由に調節できる『オロチョンらーめん』が一番人気。『利しりらーめん』もうまいよ」とのこと。

ということで、両方注文しました。

f:id:Meshi2_IB:20160905004749j:plain

▲オロチョンらーめん(1,080円)

丼がデカ過ぎ。

店内の張り紙いわく「赤城のすっぽんを出汁にしている」とのこと。すっぽんは古くは甲だけでなく、頭、肉、脂、血も薬用として用いられ、現在でもその肉や血、またエキスは“補薬”として用いられてきた食材。「利しり」のラーメンは、全品に高級すっぽんコラーゲンを使用しているとのこと。

辛さは一番レベルが低いものを選んだのですが、やはり結構辛いです。

ピーマンが特徴的で、他店のいわゆる「オロチョンらーめん」よりも、言葉は悪いかもしれませんが、一気に「家庭的」な雰囲気が前面に押し出されています。

スープですが、奥の方に、ぬめっとしたうま味を感じることができます。

これがすっぽんの味わいなのでしょうか。

f:id:Meshi2_IB:20160905005342j:plain

▲利しりらーめん(1,080円)

こちらはネギ控えめ。

肩ロースのチャーシューがどんどんどんと三枚乗せられています。

脂身が多く、かつ肉の歯ごたえを感じさせる、堂々とした存在感があります。

単に「昔ながら」というだけではありません。

先ほどの「オロチョンらーめん」よりも、何とも筆舌に尽くしがたいぬめり気が強いです。

これがすっぽんならではの味で間違いないようです。

醤油の甘辛さとのバランスも絶妙。

結構しょっぱく感じるのは、すっぽんの「癖」に合わせてのことなのでしょう。

すっぽんはやはりパワーアップに効くのでしょうか?

そうそう、新宿は音楽の街でもあるんですよ。

ドライグリーンカレーが絶品!「新宿ドゥースラー」はフードも音楽もめっちゃベースが効いてるぞ!

f:id:Meshi2_IB:20160905010137j:plain

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。