ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

11/14付ビルボードジャパンチャートおよび10/31〜11/6 RADIO ON AIR DATA発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
11/14付ビルボードジャパンチャートおよび10/31〜11/6 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard JAPAN」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による11月14日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、Hot Overseas(集計期間:2016年10月31日〜11月6日)および2016年10月31日〜11月6日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

ピコ太郎急伸、星野源とKinKi Kidsを押さえ、とうとうJAPAN HOT100総合首位獲得

前週総合3位にランクダウンして一旦落ち着くかに見えたピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」が、ロングバージョン披露による「Mステ」出演や、映画『デスノート』の死神リュークによる動画などで勢いを取り戻し、ラジオ53位、ダウンロード8位、Twitter1位、動画再生1位とポイントを積み上げ、初の総合首位を獲得した。

Twitterは前週より約13.4万伸ばして191,539Tweet、動画再生は約1,300万回伸ばして26,777,714回再生と、チャート登場時の10月上旬以上の数値をマークしていて、ファースト・アルバム発売も12月7日発売に決定、その勢いはまだまだ収まりそうにない。

総合2位の星野源「恋」と、同3位KinKi Kids「道は手ずから夢の花」は、激しい総合順位争いとなった。パッケージ・リリース週のKinKi Kidsは、シングル・セールスで初週164,989枚をマークし、セールス1位と他曲に大差をつけたが、星野源は、ラジオ3位、ダウンロード1位、ストリーミング1位、ルックアップ1位、Twitter4位、動画再生2位と、前週以上に各指標でポイントを積み上げ、シングル・セールスのポイント差を逆転した。

特に、動画再生は前週より約210万回伸ばして7,681,937回再生をマーク、この勢いが旧作にも影響して「SUN」の動画再生は974,969回で8位に浮上、総合順位も37位から25位に伸ばす結果となっている。

RADWIMPS「前前前世」20回目のチャートインで再び首位に でんぱ組.incは初登場2位

先週に引き続きチャートの約半数が新曲となった今週のビルボード・アニメチャート。先週、Hey!Say!JUMP「Fantastic Time」に王座を明け渡したRADWIMPS「前前前世」が今週は巻き返し、見事1位となった。

映画『君の名は。』主題歌の「前前前世」はこれで20回目のチャートイン。ロングヒット曲の中でも、20週目でこの勢いが保たれているのは流石。指標別では、引き続きライト層の支持を示すデジタル・セールス、国内動画再生数で1位に。またラジオとTwitterでも1位となっており、文句無しのチャート成績だと言えるだろう。RADWIMPS×『君の名は。』は他にも3曲を20位以内に送り込んでいる。

今週2位に初登場したのはでんぱ組.inc「最Ψ最好調!」(「斉木楠雄のΨ難」オープニング)。国民的な認知度を誇るでんぱ組.incは、このチャートでも本命の一組と言える。CDセールス1位、Twitter 5位など一定の成果を見せたが、今回は相手が悪かった。既に1か月前に公開済のMVも奏功せず、初週首位とはならなかった。

先週1位のHey!Say!JUMP「Fantastic Time」(「タイムボカン24」オープニング)は今週3位に。CDセールスは落ち着いたが、ルックアップ指標で他を圧倒して首位となっており、フィジカル指標の強さは健在。今後のリリース曲では、CD発売は11月9日ながら既に3週目のチャートインとなっているSPYAIR「RAGE OF DUST」(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』オープニング)に注目したい。

ブルーノ・マーズが4週目の洋楽チャート制覇、ボン・ジョヴィ新曲がTOP10初エントリー

ブルーノ・マーズの「24K・マジック」が、4週目の首位をキープした今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

「24K・マジック」は、エアプレイとデジタル・セールスが今週も洋楽勢トップで、他指標でも順調にポイントを伸ばし、先週から2位をキープしているレディー・ガガの「パーフェクト・イリュージョン」に大差をつける結果となった。一方、「パーフェクト・イリュージョン」は来日プロモーションに後押しされ、ラジオ・ソング・チャートでは5位をキープしたが、動画再生回数が「24K・マジック」の半分以下など、ブルーノの勢いには及ばなかった。

ザ・チェインスモーカーズの「クローサー feat.ホールジー」は、先週4位から3位に返り咲き。米ビルボード・ソング・チャートで、2016年の首位最長記録を更新たしたことを受け、Twitterポイントが大幅に上昇、デジタル・セールスや動画再生数も依然と伸び続けている。

TOP10圏内に大きな変動はないが、11月4日にニュー・アルバムのリリースしたボン・ジョヴィの「ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール」はリリースに伴い、エアプレイ・ポイントを伸ばし、7位にランクインしている。

今週TOP20圏内唯一の初登場曲となったのは11位の、ベルギー出身の天才プロデューサー/DJ、ロスト・フリクエンシーズによる「アー・ユー・ウィズ・ミー」。同曲は、ヨーロッパを中心に人気を博しており、11月2日には同曲が収録された待望のデビュー・アルバム『Less Is More』を日本リリースしている。アルバムのリリースを受け、ラジオ・ソング・チャートで24位にデビューしたことがランクインの要因となっている。

2016年11月14日付 Billboard Japan Hot 100

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
3
ペンパイナッポーアッポーペン
ピコ太郎
AVT
20161207
5
2
2

星野源
V
20161005
8
3
99
道は手ずから夢の花
KinKi Kids
JE
20161102
2
4

夢幻クライマックス
℃-ute
UFW
20161102
1
5

恋ごころ
Da-iCE
SIG
20161102
1
6
8
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
19
7
22
サヨナラの意味
乃木坂46
SMR
20161109
3
8
9
砂の塔
THE YELLOW MONKEY
C
20161019
5
9
10
Welcome to TOKYO
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
RZN
20161109
6
10

最Ψ最好調!
でんぱ組.inc
TF
20161102
1
11
5
Dear Bride
西野カナ
SMER
20161026
5
12
1
Fantastic Time
Hey!Say!JUMP
JST
20161026
4
13
14
多分、風。
サカナクション
V
20161019
6
14

Future Strike
小倉唯
K
20161102
1
15
18
TT
TWICE

20161024
2
16
23
なんでもないや
RADWIMPS
EMI
20160824
11
17

FREE YOUR MIND
flumpool
ASI
20161102
1
18
20
PIERROT
GENERATIONS from EXILE TRIBE
RZN
20161116
3
19
26
My Boo
清水翔太
SMR
20161005
6
20
7
Dear Diary
安室奈美恵
AVT
20161026
2

2016年11月14日付 Billboard Japan Hot Animation

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
タイアップ
1
2
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
20
映画「君の名は。」主題歌
2

最Ψ最好調!
でんぱ組.inc
TF
20161102
1
TX系「斉木楠雄のΨ難」オープニング
3
1
Fantastic Time
Hey!Say!JUMP
JST
20161026
5
NTV系「タイムボカン24」オープニング
4

Future Strike
小倉唯
K
20161102
1
MXTV他「ViVid Strike!」オープニング
5
7
なんでもないや
RADWIMPS
EMI
20160824
11
映画「君の名は。」主題歌
6

明日は君と。
麻倉もも
MRA
20161102
1
(声優)
7
11
RAGE OF DUST
SPYAIR
SMAR
20161109
3
TBS系「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニング
8
6
スパークル
RADWIMPS
EMI
20160824
12
映画「君の名は。」主題歌
9

JUSTICE IMPULSE
来栖翔(下野紘),日向大和(木村良平)

20161102
1
MXTV他「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター」より
10

叫べ
沼倉愛美
V
20161102
1
MXTV他「魔法少女育成計画」オープニング
11
12
ヒカリアレ
BURNOUT SYNDROMES
ERJ
20161026
4
TBS系「ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校」オープニング
12

男子タルモノ!~MATSURI~
八乙女楽(羽多野渉)&二階堂大和(白井悠介)&和泉三月(代永翼)&六弥ナギ(江口拓也)
LA
20161105
1
(声優)
13
19
History Maker
DEAN FUJIOKA
ASI
20161007
5
ANB系「ユーリ!!!on ICE」オープニング
14

ヴィヴァーチェ!
北宇治カルテット
LA
20161102
1
MXTV他「響け!ユーフォニアム2」エンディング
15
3
心魂の在処
へし切長谷部(新垣樽助),宗三左文字(泰勇気),薬研藤四郎(山下誠一郎)

20161026
2
MXTV他「刀剣乱舞-花丸-」エンディング
16

DREAMCATCHER
ナノ
V
20161102
1
MXTV他「魔法少女育成計画」エンディング
17
20
夢灯籠
RADWIMPS
EMI
20160824
11
映画「君の名は。」主題歌
18

ひまわりの約束
秦基博
AOJ
20141224
113
映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌
19
4
Love∞Destiny
佐久間まゆ(牧野由依),北条加蓮(渕上舞),小日向美穂(津田美波),多田李衣菜(青木瑠璃子),緒方智絵里(大空直美)
C
20161026
2
(声優)
20

風が吹く街
ラックライフ
LA
20161102
1
MXTV他「文豪ストレイドッグス」エンディング

2016年11月14日付 Billboard Japan Hot Overseas

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
1
24K・マジック
ブルーノ・マーズ
WMJ
20161118
5
2
2
パーフェクト・イリュージョン
レディー・ガガ
UI
20161021
9
3
4
クローサー feat.ホールジー
チェインスモーカーズ
SMJI
20160729
12
4
3
ドント・ワナ・ノウ feat.ケンドリック・ラマー
マルーン5
UI
20161012
4
5
5
シャウト・アウト・トゥ・マイ・エックス〜完全ふっ切れ宣言〜
リトル・ミックス
SMJI
20161123
3
6
9
スターボーイ feat.ダフト・パンク
ウィークエンド
UI
20161223
6
7
18
ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール
ボン・ジョヴィ
UI
20161104
3
8
8
ブレンデッド・ファミリー feat.エイサップ・ロッキー
アリシア・キーズ
SMJI
20161104
3
9

シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!
テイラー・スウィフト
UI
20141029
110
10
14
ブーヤー
ショウテック feat.ウィ・アー・ラウド & ソニー・ウィルソン

20150909
5
11

アー・ユー・ウィズ・ミー
ロスト・フリクエンシーズ
AVT
20161102
1
12

キャント・ストップ・ザ・フィーリング!
ジャスティン・ティンバーレイク
SMJI
20161102
23
13
16
シー・ユー・アゲイン
ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
WMJ
20150408
75
14

私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない
テイラー・スウィフト
UI
20121024
128
15
10
ボディ・ムーヴズ
DNCE
UI
20161118
4
16

サイド・トゥ・サイド feat.ニッキー・ミナージュ
アリアナ・グランデ
UI
20160520
6
17

アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー
スティング
UI
20161111
6
18
11
ノーバディ・バット・ミー
マイケル・ブーブレ
WMJ
20161021
2
19
19
スティル・フォーリング・フォー・ユー
エリー・ゴールディング
UI
20161021
6
20

ソーリー
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
46

RADIO ON AIR DATA 10/31〜11/6 TOP5

順位
曲名
アーティスト名
1
Smile for me
松任谷 由実
2
24K・マジック
ブルーノ・マーズ
3
Promise you
THE BEAT GARDEN
4

星野 源
5
Flower
Lenny code fiction

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard JAPANhttp://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。