ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

《2016年トレンド鍋》「草鍋」が女性に人気!野菜たっぷり鍋レシピを紹介

  • ガジェット通信を≫


2016年11月7日(月)のニュースにて、2016年のトレンド鍋に栄養満点の「草鍋」が選ばれたことが話題に上がっております。

草鍋を初めて聞いた方もいらっしゃるかもしれませんが、関西の方ではすでにお店のメニューとして女性を中心人気を集めているようです。

そこで今回は「野菜たっぷりヘルシー草鍋」について、栄養士の横川先生に栄養素やご家庭で簡単にできるレシピを教えていただきました。

草鍋とは


青野菜をメインに、お野菜をたっぷり使用したお鍋のことです。関西では、外食でメニューとして提供しているところもあり、特製のスープで頂く草鍋は美味しいと評判を集めております

草鍋が人気を集める理由

最近は健康志向もあり、「ヘルシー」や「あっさり」系に魅力を感じる方が多く、青菜、セリ、パクチーなどの野菜がたくさん入った草鍋は選ばれやすいと言えます。

また、野菜がメインなので具材を沢山いれてボリュームを出しても、油っぽいお食事よりも気兼ねなしに食べられ、満足感があるお食事になるのも人気の1つと考えられます。

女性にうれしい草鍋の5つの効果


◎新陳代謝アップ

◎免疫力アップ

◎抗酸化作用

◎整腸作用

◎肥満予防

草鍋におすすめしたい具材BEST5


1位:小松菜

2位:ニラ

3位:パクチー

4位:セリ

5位:白菜

家庭でできるおすすめの草鍋レシピ

材料

・豚肉

・木綿豆腐

・小松菜

・ニラ

・もやし

・白菜

・水

・酒

・醤油

つけだれは醤油、一味、ナンプラー、辛子などをお好みでお選びください。

作りかた

1:鍋にお好みの材料と酒、材料より少し多めの水を入れ、火にかける。

2:全ての材料に火が通ったら、火を止め、醤油を回しいれる。

3:器に濃口醤油、辛子など、お好みのつけだれを入れ、鍋に入った煮汁と一緒に具材をつけて召し上がれ。

栄養士がおすすめするお鍋BEST5

1位:寄せ鍋

だし汁にお好みの具材を入れて煮込む冬の代表鍋です。野菜や魚介類など何でも良いので具材を選ばないのが良いです。

2位:キムチ鍋

ほどよい酸味とピリ辛のキムチ鍋は、血行を促進してくれるカプサイシンも含まれており、ポカポカ、体の内側から温めてくれます。また、とろけるチーズを入れるとお子さんも食べやすくなります。

3位:塩麹鍋

塩麹は主役というよりは素材の味を美味しくしてくれる調味料です。いつもの味に飽きた時など、だし汁に塩麹を入れたりするとコクがでて美味しくなります。

4位:白菜と豚肉のミルフィーユ鍋

豚バラと白菜を交互に挟んだ鍋です。豚バラ肉の旨みとヘルシーな白菜の相性がバッチリですし、ポン酢で頂くとさっぱりしていて美味しいです。

5位:大根おろしたっぷりのみぞれ鍋

冬は飲み会などのお誘いが多い時期です。大根は消化吸収をサポートする働きがあり、胃腸が弱った時にはおススメです。

横川先生からのアドバイス

鍋は、煮込むだけで手軽にお野菜や肉類などが食べられ、家族がいる方だけでなく、1人暮らしの方や多忙な日常を送っている方におススメのメニューです。この冬は、いろんな鍋を試して寒い時期を美味しく過ごせると良いですね。

しかしながら、今は野菜が高騰ぎみなので、ご自宅では、価格変動が少ないきのこ類も利用すると家計が助かります。

(監修:栄養士 横川仁美)

関連記事リンク(外部サイト)

野菜の出し汁ベジブロスが話題!野菜くずに含まれる豊富な栄養素を見逃さない
食欲の秋!サンマと大根おろしを一緒に食べる深い理由とは?
ご家庭で出来る豆乳チーズの作り方 ~5ステップで簡単ヘルシー~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP