ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高橋勝成がJ・尾崎を下した「37ホール目の奇跡」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スポーツに「筋書き」はない。だからこそ、ある時は信じられない大逆転劇が観衆を沸き立たせ、ある時は予想だにしていなかった悲劇が起きる。ファンの脳裏に刻まれた数々の大逆転劇・大番狂わせ──その瞬間、選手たちには何が起きていたのか。1987年5月17日、第13回日本プロゴルフマッチプレー選手権決勝で、ジャンボ尾崎と激闘を繰り広げ、見事勝利した“マッチプレーの鬼”高橋勝成氏が、名勝負を振り返る。

 * * *
 決勝前夜、「どうすれば勝てるか」をずっと考えていましたが、実績も技術もジャンボさんが上。ドライバーの飛距離は30ヤード、セカンドの番手は3つも違う。

 勝てる要素が見当たらなかったからこそ、“相手は別次元”と割り切ることにした。ショートホールの番手も、ドライバーの攻略ルートも違って当然。失うものはないから自分のゴルフをやろうと考えると、すごく楽になりましたね。対等に勝負できるのはパットだけ。バーディが取れる距離に寄せることだけ考えて胸を借りました。

 36ホールの長丁場。私が林の中からバフィー(4W)を折りながら打ったショットがグリーンエッジまで届いたり、ジャンボさんのドライバーがOBゾーンから木に当たって戻っていたのに、それを知らずにギブアップしてしまったりと予想外のことばかり。

 33ホール目からは奇跡の連続です。ジャンボさんがグリーンを外し、“これで勝った”と思ったら8メートルのパットを決められ、36ホール目には50ヤードからピン横2センチに寄せる神技を見せられ、土壇場で追いつかれてしまう。

 エキストラの1ホール目、私が2メートルのパットを入れ、ジャンボさんが1.8メートルを外して決着。奇跡続きで、終盤はもう一人の自分がプレーしているようでした。最後のパットはジャンボさんのこの日唯一のミス。だから今でも相手に実力で勝ったとは思っていません。

撮影■作田祥一

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
高橋勝成がジャンボに勝ったマッチプレーこそ「伝説の死闘」
サマージャンボ 過去10年のデータからラッキーナンバー紹介
前後賞ない「ドリームジャンボミニ5000万」バラ買いがお勧め

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP