ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一軽い木から作った肩凝り知らずの真珠的アクセサリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 天然真珠のような輝きを放ちながらも“とにかく軽い!”と話題の「バルサパール」。考案した「オーヤ・カズカンパニー」(東京都台東区)代表の大矢忠成さんは、開発の経緯をこう語る。

「約10年前から人気のコットンパールは型に合わせて綿を圧縮するので、ほぼ真球なのですが、より軽い素材で、不ぞろいな形が魅力のバロック調のものが作れないかと思って」

 和紙を素材に試みたが、丸く形作ることはできても、乾燥すると割れてしまう。次に発泡スチロールで挑戦するが、真珠層の塗料を重ねても亀甲マークが浮き出てくる。悩みに悩んでいた頃、同社の職人がプラモデル好きの息子から、「模型に使うバルサ材を使ってみれば」と言われたのが、バルサパール誕生のきっかけとなった。

 バルサ材は、サーフボードの材料としても使われており、強度は高いが木材の中では最も軽く、カッターで切れるほどやわらかくて加工しやすい。

「課題は、やわらかすぎて機械で加工しにくいため、いかにして丸くするかでした。また、空気をたっぷり含む多孔質性で、ただ塗料をかけても染み込んでしまい、パールには見えません。そこで独自開発した薬剤で表面をコーティングし、通常よりも濃い真珠層塗料を7回かけています。内側から輝くようなパールに仕上げるのは機械では無理。すべて手作業です」(大矢さん)

 バルサパール加工は、愛媛県新居浜市で行われているが、その過程は以下の通り。

【1】棒状のバルサ材を用意する。
【2】直径とほぼ同じ長さでカットし、チップを作る。
【3】 【2】のチップに穴をあけた後、数種のサンドペーパーで磨きをかけて球状にしてサイズを合わせ、ワイヤーでつなげる。
【4】表面コーティングを施した後、職人の手で真珠層塗料にくぐらせること7回。美しく輝くパールが完成。

 2014年秋に発表したところ、次世代パールとして話題となった。バルサパールのアクセサリーを販売している「トラスト」(東京都墨田区)社長の武島康郎さんは、次のように語る。

「コットンパールは本真珠の半分、バルサパールはそのまた半分の重さといえます。バロックパールのように、1つ1つ微妙に形が違うのも魅力で、大人の女性に人気です」

 上品で美しく、つけているのを忘れるほど軽い、肩凝り知らずのアクセサリーだ。

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
「豚に真珠」に異論 最低でも真珠の分価値の底上げはできる
放射性塗料の腕時計文字盤、光るおもちゃ 過去は普通に流通
昼ドラが生み出した名優 男性なら渡辺裕之、女性なら小沢真珠

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。