ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カラオケ業界初の定額制サービス「HEYAPASS」スタート、JOYSOUND直営9店舗を提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エクシングの⼦会社で全国にカラオケ店舗を展開するスタンダードは、バンダイナムコグループのVIBEが 11月9日より運用を開始する、定額制で複数店舗のカラオケルームを自由に使うことができるサービス「HEYAPASS(ヘヤパス)」の対象店舗として、都内を中心とする9店舗のカラオケルームを提供する。

カラオケルームの空室の有効活用を図るとともに、娯楽が多様化するなかで、「カラオケをもっと身近に、もっと気軽に楽しんで頂きたい」という思いからスタートした本サービス。

対象店舗は、スタンダードが運営する都内5店舗(JOYSOUND新宿⻄⼝店/JOYSOUND品川港南⼝店/JOYSOUND銀座二丁目店/JOYSOUND水道橋店/JOYSOUND八丁堀店)のほか、福島(JOYSOUND郡山中央通り店/JOYSOUND郡山駅前店)、茨城(JOYSOUND土浦店)、埼玉(JOYSOUND大宮東⼝店)の全9店舗で、今後、順次拡大を予定。

定額ルーム料⾦は、31日間・2,480円(税込)。平日20:00まで、各店舗1日2時間までであれば何度でも利用できる、業界初の試みとなる。

「HEYAPASS」は使い手によって、その活用法は無限大。カラオケはもちろん、ママ友の集まりや趣味の仲間とのオフ会のほか、楽器練習、出先での仕事や休憩の場としても利用可能。また、1日に複数の店舗を利用することもできるので、例えば、職場近くの新宿で仕事の合間に休憩で利用し、帰りに家の近くの大宮でカラオケを利用するということも可能だ。

「HEYAPASS」スマートフォン画面(イメージ)
会員登録、および店舗の予約は、「HEYAPASS」のサービスサイト(スマートフォン推奨・PC)から、24時間対応。初回のみ無料で1時間利用できる「無料プラン」も用意している。

サービス情報
定額制カラオケ「HEYAPASS(ヘヤパス)」
サービス開始日:2016年11月9日(水)
サービスサイト(PC・スマートフォン共通):https://www.heyapass.com/

関連リンク

スタンダード
VIBE

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP