ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アメリカ大統領選の投票動向をGoogleがリアルタイムマップで表示!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ついに投票日を迎えたアメリカ大統領選。全米だけでなく、全世界がその動向に注目している。Googleでは、アメリカ大統領選の投票者動向をリアルタイムで表示するマップを公開中だ。

・アメリカ大統領選の選挙動向をビジュアルマップ化

今年設立された、Googleと数百の機関が協力して設立したチーム“ProPublica”では、「Electionland」というプロジェクトを立ち上げ、アメリカ大統領選の投票関連のレポートをモニターする試みに着手。データのビジュアル化技術を手がけるデザインスタジオ“Pitch Interactive”とコラボレーションして作成したのがこのマップだ。

・Google Trendsのデータを集計

データはGoogle Trendsから集めたもので、検索クエリの履歴から、分単位で現状の動向を示す。

選挙に関するもっとも大きな5つのトピックである、Long Wait Times(長い待ち時間)、inactive voters(投票権を持たない人の投票)、provisional ballot(投票を行ったものの、権利があるか分からない投票)、voter intimidation(投票所での脅迫行為)のVoting Machine Problems(自動式投票計算機関連の問題)動向を提示。

これらに関わる何百ものキーワードが抽出され、トピックごとにカラー分けされた円でビジュアル化表示されている。

該当のトピックをクリックすると、オン/オフの切替ができ、ページ下部の棒グラフ部分が変動するようになっている。

・大規模選挙の動向をネットでモニターする試み

あくまでインターネット上で集計されたデータを基盤にしているため、実際の動向や事実とはズレがある可能性は念頭に置いておきたい。

とはいえ、アメリカ全土を巻き込む大統領選のような大規模選挙の動向を、インターネットを活用し、リアルタイムで注視できる試みは非常にユニークで、注目度も高いものだろう。

Google Trends Electionland

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP