ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】村治佳織のニューアルバム『ラプソディー・ジャパン』が2週連続 第1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、村治佳織のニューアルバム『ラプソディー・ジャパン』が、2週連続での第1位を獲得した。5年ぶりの新録音で、村治奏一とのアンサンブルも聴くことが出来る。10月26日にはタワレコ渋谷店でリリース記念ライブが行われ、10月末以降ラジオ・テレビへの出演が連続している影響と見られる。

 第2位はクラリネットのポール・メイエが中心となって結成された管楽アンサンブルレ・ヴァン・フランセ『ベートーヴェン:管楽器とピアノのための作品集』が初チャートイン。10月21日から来日ツアーを行い、10月29日に9公演の千秋楽を迎えたばかりだ。

 第3位はピアニスト辻井伸行が2014年にリリースした『THE BEST』が返り咲き、これで62回目のチャートインとなった。辻井のアルバムは今週3枚同時のチャートインとなっており、9位に辻井伸行&オルフェウス室内管弦楽団クレジットで『皇帝&戴冠式』が、13位にも『ラ・カンパネラ~ヴィルトゥオーゾ・リスト!』のタイトルが見える。10月末から11月8日までオール・モーツァルトプログラムでツアーを行っており、衰えぬ人気ぶりが伺えるチャートの様相となった。text:yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位『ラプソディー・ジャパン』村治佳織
2位『ベートーヴェン:管楽器とピアノのための作品集』レ・ヴァン・フランセ
3位『THE BEST』辻井伸行
4位『MUSE~12 Precious Harmony~』高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト
5位『ニコニココレクション』陸上自衛隊中央音楽隊
6位『0歳からの育脳クラシック』
7位『この世でいちばん優しい歌』小林沙羅
8位『愛のあいさつ&夢のあとに~ヴァイオリン・アンコール』神尾真由子
9位『皇帝&戴冠式』辻井伸行&オルフェウス室内管弦楽団
10位『バッハ:フランス組曲』マレイ・ペライア

関連記事リンク(外部サイト)

2016年11月14日付 Top Classical Albums Sales
VOCES8 インタビュー&プレイリスト
新国立劇場バレエ『ロメオとジュリエット』言葉より雄弁なマイムが物語を紡ぐマクミラン版

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。