ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歯垢を残さずとるならデンタルフロス 正しい使い方で美しい口内を!

  • ガジェット通信を≫


実は正しくブラッシングしていても、歯垢は完全に除去はできないようです。

そこで、ブラッシングでは取り切れない歯垢を落とす際に使うのがデンタルフロスです。

今回はデンタルフロスの使い方やメリットなどを紹介したいと思います。

要チェック項目

□ブラッシングで除去しきれない汚れをデンタルフロスで除去可能

□毎日使うなら糸巻きタイプがお勧め

□デンタルフロスの使用で口臭改善も期待できる

何故デンタルフロスを使ったほうがいい?

何故デンタルフロスを使うのでしょう? それは正しくブラッシングしていても歯垢の除去は完全に行えないからです。特に歯と歯の間の歯垢が残りやすいようです。

デンタルフロスは歯と歯の間の歯垢の除去が得意です。ブラッシングでの磨きの腰を減らすためにデンタルフロスを使用します。

デンタルフロスと歯間ブラシの違いは?

デンタルフロスと非常によく似たオーラルケア用品で歯間ブラシがあります。この2つは使い方が非常によく似ていますね。

しかし、歯間ブラシを使うからデンタルフロスを使わなくて良いというわけではありません。2つの特徴についてみていきましょう。

デンタルフロス

・歯と歯の間の歯垢を取り除く事が一番の目的

・歯周ポケットの深い部分の歯垢を取り除くことができる

・狭い場所の歯垢除去が得意

・虫歯予防に最適

歯間ブラシ

・歯と歯肉の間の歯垢を取り除くことが一番の目的

・歯と歯の間が大きい場所の歯垢除去が得意

・歯周病予防に最適

以上が2つのオーラルケア用品の特徴です。比較すると大きく違うことが分かりますね。自分の歯の隙間に合わせて使い分けるといった方法が理想的です。

使い分けが面倒な方は自分の歯の特徴を考えた上でどちらかを使ってみてください。

参考までに、若い方はデンタルフロス、ご年配の方は歯間ブラシのご使用がお勧めです。

デンタルフロスはどれを使えばいい?

デンタルフロスも様々な種類がありますよね。最初はどれを選んだらよいかわからないと思います。そこで種類ごとの特徴について解説したいと思います。デンタルフロス選びの参考にしてください。

糸巻きタイプ

・持ち運びがしやすい

・持ち手のあるタイプと比較し、細い隙間の歯垢をとりやすい

・持ち手のあるタイプと比較し、使い切るのに時間がかかるため安く済む

・使用になれるまで時間がかかる

持ち手のあるタイプ

・持ち手があり誰でも簡単に取り扱える

・F字とY字の2種類の形がありY字のほうが扱いやすい

・早く消費するのでお金がかかる

以上が二つのタイプの大きな特徴です。糸巻きタイプは継続して使うなら安いですが、慣れるまでは扱いが難しいです。一方持ち手のあるタイプは誰でも簡単に扱えますが、継続して使うなら高くなります。

毎日使用するなら糸巻きタイプ、たまに使うだけなら持ち手のあるタイプを使うのも良さそうですね。

持ち手の有無以外にもデンタルフロスの加工によって種類があるようなので以下の点も押さえておきましょう。

ワックス加工

・歯と歯の間に入りやすい

・扱いやすいがワックス加工がないデンタルフロスと比較し歯垢の除去が甘い

ワックス加工なし

・歯垢の除去がしやすい

・慣れないうちは狭い隙間にデンタルフロスが挟まりやすい

デンタルフロスの使い方

ではデンタルフロスの使い方についてみていきましょう。ここでは糸巻きタイプの使い方を説明します。

糸巻きタイプの下準備

・糸の長さを大体30cm~40cm程とる(長すぎても短すぎても使いづらいため)

・とった糸を片方の指の中指に巻き付ける

・もう片方の中指にも巻き付け、糸と糸の長さは大体15cm程度に調節する

・両手の親指と人差し指を使い糸をピンと張る(指と指の間は1~2cm程度)

これで準備完了です。また、どこの歯に入れるかによってデンタルフロスの入れ方が違います。詳しく見てみましょう。

上の歯デンタルフロスの入れ方

・デンタルフロスは上向きにする

・歯へ入れるときは片側の指は歯の内側に入るようにする

・歯と歯の間は斜めに滑らせ前後にゆっくり動かす

・その後歯茎の下あたりまでゆっくり引き下げる

下の歯へのデンタルフロスの入れ方

・両手の人差し指を使ってデンタルフロスを下に押さえる

・持ち方以外は上の歯と同様に使う

歯に入れて汚れを取ったらその都度デンタルフロスをずらして、毎回綺麗なデンタルフロスを使うようにしましょう。

また、どちらの歯に入れる際も糸をピンと張っていない、力任せに無理やり歯と歯の間に入れるなどすると歯茎を傷つけてしまう可能性があります。注意して使ってみてください。

デンタルフロスの使い始めは出血があるかもしれません。これは元々歯垢が落としきれていなく歯茎が炎症しているからのようです。

デンタルフロスを数日使っているうちに徐々に出血し辛くなりますがもし出血が良くならないようなら歯科医院へ相談してみてください。

デンタルフロスで得られるメリット

ここではデンタルフロスを使うことで得られるメリットについて説明します。

虫歯予防・早期の発見

歯垢の除去がブラッシングのみよりもより多く行えるため、虫歯の予防につながります。さらにもし虫歯ができていても早期発見が可能です。デンタルフロスをする際、以下に当てはまらないかチェックしてみてください。

・いつも同じ場所でフロスが引っかかる

・フロスを抜いた際に糸がほどける

これらに当てはまると虫歯ができている可能性があります。早期の虫歯でしたら軽い治療で終了します。虫歯が疑われたらすぐに歯科医院を受診してみてください。

歯茎の状態改善

歯茎に歯垢が残ったままですと、歯茎が炎症を起こしてしまいます。デンタルフロスで歯垢を除去することで歯茎の炎症が消えることもあります。

健康な歯茎を保つためにもデンタルフロスはお勧めです。

口臭改善

歯垢は口臭の原因にもなります。除去した歯垢の臭いを嗅ぐと、とても臭うこともあります。

口臭ケアをしたい人は是非毎日デンタルフロスを使用してみてください。

デンタルフロスで健康な口内環境を!

いかがでしたでしょうか。やはりブラッシングのみでは完璧なオーラルケアとは言えないようですね。

デンタルフロスは様々な口内環境のトラブルの改善に役立ちます。

この機会にデンタルフロスを始めて健康な口内環境を手に入れましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

歯石除去は絶対必要! 除去することで得られる効果とは?
脳卒中を引き起こす危険性も…医師に聞いた歯周病なんでもランキング!
虫歯が痛い!歯の痛みを緩和する応急処置BEST5

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP