ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズが2016年首位最長記録をさらに更新、ドレイク新曲がTOP10に初エントリー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズが2016年首位最長記録をさらに更新、ドレイク新曲がTOP10に初エントリー

 ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」が、通算12週目の首位を死守した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 ザ・ウィークエンド(2位)や、ブルーノ・マーズ(7位)といった強豪を抑え、遂に12週目のNo.1をマークした、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」。12週という記録は歴代4位タイで、2015年の年間3位をマークした、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」以来、1年振りの快挙となる。

 その他には、2012年にリリースされたロビン・シック「ブラード・ラインズ」や、ブラック・アイド・ピーズの「ブン・ブン・パウ」(2009年)、アッシャーの「YEAH!」(2004年)、エミネムの「ルーズ・ユアセルフ」(2002年)、そしてサンタナの「スムース」(1999年)の6曲がランクイン。「クローサー」はHOT100史上、7曲目の12週No.1タイトルとなる。

 12月にリリースされる、ドレイクの新作『モア・ライフ』からの先行シングル「フェイク・ラブ」が、先週の24位から10位へ、登場2週目でTOP10入りし、これでソング・チャート通算18曲目のTOP10入りを果たしたことになる。今年の年間チャートでは、間違いなくシングル・アルバム共にTOP10入りするであろう、ドレイク。10週のNo.1をマークした「ワン・ダンス」(30位)は、2016年間首位に輝く可能性も高い。2016年間チャートの集計は、次週のチャートで締め切られる。

 今週のアルバム・チャートで3位にデビューした、ラッパー、ミーク・ミルの新作『DC4』からは、49位の「リティ」他、計7曲がTOP100位内にランクインを果たした。また、ミーク・ミルと僅差で2位に初登場した、カントリー・シンガー、ケニー・チェズニーの新作『コズミック・ハレルヤ』からは、P!NK(ピンク)がゲストとして参加したシングル「セッティング・ザ・ワールド・オン・ファイア」が、今週29位まで上昇している。

 TOP10圏外に一旦ダウンしたマルーン5の「ドント・ワナ・ノウ」は、ポケモンGOをテーマにしたミュージック・ビデオが好調で、先週の13位から11位へ再浮上し、次週、返り咲きのTOP10入りすることが予想される。ニューヨーク出身の新星ラッパー、ヤング・M.Aのデビュー曲「Ooouuu」は、登場10週目で初のTOP20入り(19位)を果たし、R&Bチャートでは5位、ラップ・チャートでは3位にランクインするスピード出世を果たしている。

 次週は、アメリカ大統領選のプロモーション活動を受け、ビヨンセやレディー・ガガ、アデルなどのタイトルが、リエントリーを果たすかもしれない。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、9日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
2位「スターボーイ」ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク
3位「ヒーゼンズ」トゥエンティ・ワン・パイロッツ
4位「レット・ミー・ラブ・ユー」DJスネーク feat.ジャスティン・ビーバー
5位「ブロッコリー」D.R.A.M.
6位「サイド・トゥ・サイド」アリアナ・グランデ feat.ニッキー・ミナージュ
7位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
8位「ジュジュ・オン・ダット・ビート」ゼイ・ヒルフィガー&ゼイオン・マッコール
9位「ブラック・ビートルズ」レイ・シュリマー feat.グッチ・メイン
10位「フェイク・ラブ」ドレイク

関連記事リンク(外部サイト)

11月19日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
11月19日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
【米ビルボード・チャート】ザ・チェインスモーカーズ首位キープで「シー・ユー・アゲイン」にタイ、ALチャートは4作がTOP10圏内初登場(11/19付)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。