ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「百寿者」が全国平均の約3倍、京都府京丹後市を訪問した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 丹後半島に位置する海と山に囲まれた人口約6万人の小さな港町が脚光を浴びている。週刊ポスト(2016年11月11日号)で紹介した〈「長生きする人が食べている物」「早死にする人が食べている物」〉で一際反響が大きかったのが、京丹後市(京都府)についてだった。

 現在100歳を超える“百寿者”が77人もいる“日本一の長寿村”について、「どんな食生活を送っているのかもっと詳しく知りたい」との問い合わせが相次いだのだ。そこで本誌記者は、現地に飛んだ。

 京丹後市には100歳を超える長寿者(以下、百寿者)が77人(男11人、女66人)もいて、“日本一の長寿村”として全国に名を知られるようになった。

 全国の百寿者は6万5692人(厚労省調べ、2016年9月15日時点)いる。京丹後市は人口10万人に換算した場合の百寿者が133人で、全国平均(48.45人)の約3倍になる。

 京都府立医科大と同市は、「長寿・地域疫学講座」を設置して、健康・長寿の要因を解明する研究を始めている。健康と食事の因果関係はいうまでもなく、「百寿者たちの食卓」は実に興味深い研究テーマなのだ。

 1915(大正4)年生まれ、現在101歳の志水富重さん(京丹後市在住)は、耳が遠いこと以外に、体調の悪いところはない。趣味は釣りで、海が荒れていなければ、今でもバイクで出かけるという。

「よく釣れるのはアジで、刺身や煮つけにして、食べきれない分は冷凍しとる。食事が偏らないように、肉、魚、肉と交互にするようにしてな。野菜は家庭菜園の無農薬野菜。NHKの健康番組が好きで録画して見ています」

 食事は軍隊にいた頃の名残で、朝は6時、昼は12時、夜は18時と時間を決め、1日3食きっちり取る。足腰が弱くなってきた妻のやよいさん(94)に代わり、調理はすべて富重さんが手際よく行なう。

「『薄味が健康にいい』『腹八分目がいい』とテレビで観たので、薄味を心がけ、ご飯も茶碗1杯。でも最近は濃い味付けになってきてしまっているかなあ」

 そう言うが、「茶碗1杯」は山盛りで、奥さんに「もっと入れて」とねだるほど。「これがワシの腹八分目!」と豪快に笑う。

 ある日の献立は、朝食はレーズン入りのバターロールと玄米茶。昼食は、自ら釣ったアジの刺身に大根の煮つけ、キャベツサラダ、豚汁、白米。取材に訪れたのはちょうど夕食時で、食卓には、アジの煮つけ、豚肉と大根と人参の煮びたし、ピーマンの煮物、昆布の佃煮、梅干し、白米、玄米茶が並んでいた。肉も魚もよく食べる。

 酒はあまり飲まない。嗜好品は、コーヒーを1日4~5杯、少量の砂糖を入れて飲むだけで「安上がりな体だよ」と笑った。

 同じく京丹後市在住の日下部脩さんは1914(大正3)年生まれの102歳。

「魚が好きなんや。それも、昔から煮魚より焼き魚が好きやった。うどんや焼きそばも好物のひとつでな。反対に、高野豆腐のような柔らかい食べ物は嫌いやった。毎日、必ず食べているのは漬物。漬物がないと食事が締まらん。朝はパンと牛乳。毎朝、牛乳1本(200ml)飲んでるよ」

 やはり魚をよく食べているが、肉の代わりに牛乳を飲んで動物性脂肪を補っているようだ。

 京丹後市の海沿いに暮らす池田春雄さんは、1912(明治45)年生まれの104歳。

「父親が漁師だったので、海の食べ物が多かったんだ。ここらあたりじゃ肉は高価だったからな。海の物はタダじゃろ。父親が獲ってきた魚を煮つけにしたり、刺身にしたり。あとはワカメもよう食べた。野菜はウチの畑があるから、そこで作ったのを食べた」

 同市の健康長寿福祉部健康推進課に聞くと、こんな食生活の特徴があるという。

「京丹後市は、海と山のどちらにも面しています。ご長寿の方々は、地元で獲れるアジ、イワシ、カレイ、キス、サバ、トビウオなどを幼少の頃から現在に至るまで食べていました。

 海藻類も多く、板状に延ばして干した『板わかめ』がおやつだったと言う百寿者は多い。豆を植える家庭が多かったため、豆を食べる方や、和え物や酢の物にゴマを多用する方も多いです」

※週刊ポスト2016年11月18日号

【関連記事】
百寿者77人の京丹後市 魚や豆、おやつに板わかめの食生活
人口10万人当りの100歳以上比率 中国、四国、九州沖縄高い
100歳以上の人 たばこを吸わず、酒を飲んでも1合未満が多い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。