ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

エイミー・アダムス、映画『メッセージ』のメッセージは現代のコミュニケーションにぴったりだと語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Mandatory Credit: Photo by Buckner/Variety/REX/Shutterstock (7391466ab) Amy Adams and Jeremy Renner 'Arrival' film premiere, Arrivals, Los Angeles, USA - 06 Nov 2016

エイミー・アダムスが、SF映画『メッセージ』のロサンゼルス・プレミアで、11月8日火曜日(現地時間)の夜に行われる選挙について「楽観的」だと語った。

パラマウント・ピクチャーズはウェストウッドにエイリアン・グレイ色のカーペットを敷き、ジェレミー・レナーやマイケル・スタールバーグ、ツィ・マー、そしてプロデューサーのショーン・レヴィが、11月6日の日曜夜に行われた試写会のためにレガシー・シアターに登場した。

アダムスは、劇中で演じた熟練の言語学者ルイス・バンクスが、地球に降り立ったエイリアンとの会話を試みた方法に絡め、『メッセージ』が持つメッセージは今日の世界にぴったりだと感じたと説明した。

「私たちは顔と顔を突き合わせた接触やコミュニケーションを欠いていると思いますし、顔を合わせなくなるにつれて、本来は誰かに対して面と向かっては言わないようなことを言うようになっていると思います。人間的な繋がりを持つことは大切です」とアダムスは本紙に語った。

また、アダムスは数日後に終結する選挙についても言及し、「私は楽観的です」とコメントした。その一方で、共演者は彼女より少しだけ落ち着きがないようだった。

スタールバーグは「火曜の夜に向けて注意深くなっています。希望は抱きながらも、注意を払っています」と答えた。

マーは、「私はナーバスではありません。私はアメリカ国民が正しいことをすると信じています。いったん投票したら、あとは結果に任せ、整えておいたベッドで眠る、それだけです。私が本当に言いたいのは、もし我々が何らかの方法で選択したのなら、その結果に従わなければならないということです」と話した。

『メッセージ』は11月11日に全米公開される予定だ。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。