体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版「Shazam」にユーザーへのおすすめ曲が次々に表示される「発見」タブが追加

老舗の曲名検索アプリ「Shazam」の Android 版が v7.2.0 にアップデートされ、新しいい「発見」タブが追加されました。周辺で流れている曲のタイトル等を調べるのに役立つ Shazam。このアプリに追加された(発見」タブとは、事前に登録したアーティストの情報に基づくおすすめの曲やミュージックビデオ、Facebook の友人が Shazam した曲を表示する画面です。「発見」タブの利用を開始する際に音楽ジャンルやキーワード検索でアーティストを登録すると、そのアーティストの情報が独自の UI で順次提案されるようになります。新しい音楽の発見に役立つ機能です。発見タブの追加に伴い、アプリのタブデザインも新しくなっています。「Shazam」(Google Play)

■関連記事
Google、WEBサイト上でAndroidの共有メニューを提供できる「Web Share API」をリリース
Cyanogen、Android 7.1ベースのCyanogenMod 14.1 Nightlyを配信開始
Google、端末メーカー向けCompatibility DocumentのAndroid 7.0版を公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。