ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古谷経衡氏 高江や辺野古に立つべきは本来保守派であるべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 沖縄県北部の高江が基地反対運動で注目を集めている。同地の在日米軍北部訓練場で進むヘリパッド建設計画。その工事を止めるため、反対派が訓練場の入り口を取り囲む。それを排除しようと機動隊が出動、反対派に対して差別発言を浴びせたことで非難の声が高まった──10月15・16日、評論家の古谷経衡氏が日々深まる混迷の現場、沖縄・高江を訪れた。

 * * *
 高江のヘリパッド問題とは何か。かいつまんでいえば、高江に6個のオスプレイ離着陸可能なヘリパッドを建設する代わりに、北部訓練場の過半となる4000haを日本側に返還する、という計画だ。

 辺野古にあれだけ強硬に反対してきた翁長(雄志)知事が、こと高江に関しては菅(義偉)官房長官とにこやかに昼食を共にし、「歓迎する」という言葉を発したのは、このヘリパッド建設のバーターとしての訓練場返還は、沖縄側にとっても決して悪い話ではないからだ。

 であるがゆえに、いまひとつ高江は全県的沸騰を見せていない。反対派の言い分も漠としている。高江の森を守れ、水源地を守れ、と自然保護的な理屈に終始するが、ヘリパッドとは言え森の中にコンクリを打つのではなく、森林を伐採して直径約50mの芝生を6個建設する開発面積3.6haの小ぶりなもの。辺野古埋め立ての面積は160haなのだから、その小ささは歴然としている。

 無論、高江集落への騒音問題があるし、過疎地だからよいのか、とはならない。が、この僻地に禁忌施設を押し付けるというやり口は、沖縄に限らず原発や最終処分場等の問題で本土の過疎地でも繰り返されてきた光景であり、殊更沖縄固有の問題とは言い切れない。

 高江周辺には確かに鬱蒼とした亜熱帯特有の低木森林がひろがり、ヤンバルクイナが生息する「山原の森」として知られるが、北部を隈なく回った私はついぞ一羽のクイナにも出会うことができず、すわクイナかと思った鳥はすべてハシブトガラスの類であった。

 釈然としないまま、N1裏と呼ばれる反対派支援者が集うテント小屋に向かう。そこで私は、関西弁の初老の男性から仔細を聞いた。

「日本側に返還される4000haの訓練場は実際には使用されておらず、それと引き換えに6個のヘリパッドを造るのでは返還利益がない。しかし書類上基地は4000ha減るので、沖縄に集中している75%の米軍基地は70%へと減るが、これは数字のトリックだ」

 なるほど、ここで私は初めて反対の理路整然とした理屈を聞くことができた。しかし、損得の理屈で言うならば、市街地に近接する普天間の移設先としての辺野古移転には返還益が大きいので、賛成しなければおかしいという矛盾が生じはしないか。実際、N1に集結した支援者は、海兵隊基地のキャンプ・シュワブ前で辺野古反対を唱える人々とほぼ同一なのである。

 N1からシュワブへ向かうと、辺野古反対のテント小屋から人の気配が消えている。高江を損得で語れば辺野古は立たず、辺野古を損得で語れば今度は高江が立たない。辺野古と高江、同じようでいて全く異なる二つの問題を一緒くたにするのは危険であり、反対派にも瑕疵があることは間違いない。

 高江ヘリパッド問題。私の結論はやむなしの容認に傾きつつある。

 ただし、銃剣とブルドーザーで強制的に接収した沖縄の土地を取り返すという本義は、本来保守派、愛国者が唱えなければならない理屈である。沖縄戦での軍民20万人の犠牲者と27年間のアメリカ統治の塗炭の苦しみという歴史事実を踏まえたうえでの議論は大前提だ。

 私は、彼らに敬意を表して二千円寄付した。「先祖の土地を取り返す」という彼らの主張こそ、本来の保守の本義であるに違いないからである。N1や辺野古に立つべきは、本来保守派であって然るべきなのだ。

 都合3日間、レンタカーを那覇で返却したとき、総走行距離704km、と言われて面食らった。狭い沖縄、されど広し。

【PROFILE】古谷経衡/ふるや・つねひら。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。主な著書に『左翼も右翼もウソばかり』『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』。最新刊は『草食系のための対米自立論』。

※SAPIO2016年12月号

【関連記事】
沖縄・高江問題が全県的気運に至らない合理的な理由
辺野古移設は日本の利権の話 米軍の要請ではなく国防無関係
基地負担減らす米軍再編 沖縄の反対は理屈に合わないとの声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP