体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乾燥肌の3大原因を撃退!外側だけでなく内側もケアし潤い肌になろう

乾燥肌の3大原因を撃退!外側だけでなく内側もケアし潤い肌になろう
お肌がカサカサでうるおい不足な乾燥肌。お肌は乾燥のシーズンだけでなく、様々な外的要因で乾燥にさらされているので、一生懸命スキンケアしても改善されないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、乾燥肌の基本をおさらいしながら、化粧水選びや改善のポイントをご紹介します。

要チェック項目

□乾燥肌はドライスキンとも言い、肌に潤いがないカサカサした状態のこと

□空気の乾燥だけでなく、自ら乾燥肌にしてしまっている行為がある

□乾燥肌に刺激になる成分を極力避けた化粧水を選ぶ必要がある

乾燥肌とはどんな肌の状態なの?

乾燥肌とは、皮膚表面の水分が不足して角質が不均衡な状態の肌のことで、ドライスキンとも言います。

通常、皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層構造になっており、以下の3つの要素によってお肌の水分量を保っています。

1.角質細胞間脂質(保湿力:全体の約80%)

肌の保湿という面で一番大切な要素で、レンガとレンガの隙間を埋めるセメントのような役割で、角質細胞間の隙間を埋め、外からの刺激や内からの水分蒸発などを防ぐ機能があります。

細胞内にあるセラミドやコレステロールからできています。

2.天然保湿因子=NMF(保湿力:全体の18%程度)

柔軟性やハリなどの弾力のある肌をつくるための水分を抱え込んでくれる機能があります。アミノ酸類や乳酸、尿素といった成分で構成され、角質細胞内のタンパク質が角質層へ上がる過程でNMFに変化します。

3.皮脂膜(保湿力:全体の2%程度)

角質の剥がれや肌の水分が蒸発するのを防ぎ、お肌を滑らかにしてくれる機能があり、皮脂と汗によってできています。

これらの水分を保ちながら、表皮の基底層で新しい細胞が作られ、肌細胞を成熟させながら皮膚の表面へ上がって、古い角質は垢となって剥がれます。

このサイクルををターンオーバーと言います。これにより、正常な肌であれば、細胞が隙間なく均等に並ぶのです。

しかし、肌が乾燥した状態だと肌の奥で作られた新しい細胞が十分に成熟しないまま肌の表面へ上がってくるターンオーバーの異常を引き起こします。

それにより、肌の細胞は不揃いになり、肌の内側を守るバリア機能が失われていることで乾燥肌になるのです。

乾燥肌の原因

なぜ乾燥肌になるのか疑問に思う方も多いのではなでしょうか。実はアナタが要因を作っていることもあるんですよ。

乾燥肌にしてしまう3つの原因を見てみましょう。

1.間違った肌のお手入れ

メイクを落とすためにクレンジングや洗顔の時に力を入れてこすったり、化粧水を肌の奥まで浸透させようとパンパンとパッティングして肌に負担をかけていませんか?

実は、毛穴汚れや角質も落とせるようなクレンジング剤を使ったり、熱めのお湯で朝も夜もしっかりと洗顔剤で顔を洗うのは肌によくありません。

合成界面活性剤が多く含まれているクレンジング剤や洗顔剤は、皮脂膜や角質層へのダメージが強く、乾燥肌を悪化させる原因になるからです。

また、肌になじませようとパンパンたたくのはNG。肌を包むようにしながら練り込むようなイメージで優しくケアしましょう。

間違ったスキンケアをして角質層を気付かない間に傷つけ、肌の保湿力を奪ってしまわないように注意してくださいね。

2.乾燥肌を悪化させる食生活

偏食や○○ダイエットなど、偏った食生活をしていたり、食の欧米化によって野菜不足などではありませんか?

健康的なお肌を作るのに必要な「タンパク質」や細胞を作る上で必要な「必須脂肪酸」、肌の健康を維持してくれる「亜鉛」や不足することで肌荒れなどを引き起こす「ビタミン群」など、

食事から摂取しないといけない栄養がたくさんあります。

無理なダイエットや偏食で、肌の栄養不足にならないよう、バランスの良い食事をして、栄養素をしっかりと摂取しましょう。

3.生活習慣

乾燥肌の原因は生活習慣も大きくかかわっています。

・睡眠不足

睡眠はターンオーバーに影響します。正常な肌を作るサイクルが乱れます。

・空気の乾燥

秋冬などの季節的な要因に加え、エアコンなどのカラッとした風も保湿機能が弱まった肌に触れることで乾燥肌をより進行させてしまいます。

・入浴方法

42℃以上のお湯に長時間浸かることで、細胞間脂質や水に溶けやすいNMFなどが体外へ流れ出てしまいます。また、洗浄力が強いボディーソープでゴシゴシ体を洗うことも肌にダメージを与えます。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。