ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ向け会員制ライブラリーを一般開放!「世界のマガジン展」開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

地域性豊かなライフスタイルを知る雑誌、新聞がズラリ

2016年10月27日(木)から12月26日(月)まで 、東京・新宿のリビングデザインセンターOZONE 7階「CLUB OZONEスクエア」にて「世界のマガジン展~地域と文化をつなぐメディア~」が開催されています。

CLUB OZONEスクエアは、リビングデザインセンターOZONEの会員のための専用コーナー。書籍や雑誌、メーカーのカタログ・サンプル誌など住空間に関する情報が集まるプロのためのコミュニティスペースです。

通常時は会員のみの利用となっていますが、本展会期中のみ雑誌と書籍が閲覧できる「ビジネスラウンジ&ライブラリー」が一般に無料で開放されます。

今回は特に地域密着・地産地消型のライフスタイルをテーマとしているローカル誌にスポットを当てているそう。国内外からピックアップしたローカルな雑誌・新聞・フリーペーパーを通して、今地域で何が起こり、人々はどのように生活を送っているのかがリアルに伝わります。

また、12月3日(土)には連動企画として現役編集者でアートディレクターでもある影山裕樹氏を招いたセミナー「ローカルメディアの可能性ー地域と人をつなぐもの」も開催。こちらは事前予約制です。

ローカル誌ならではの地域コミュニティを作り育てるという役割から、まちづくりのヒントや建築デザインとの共通性までを見通す、OZONEらしい企画です。普通のライブラリーとは一味違う、インテリアとデザインづくしの会場へぜひ訪れてみてください。

写真左:CLUB OZONEのライブラリースペース。

写真右:今回のテーマはローカル雑誌と新聞。こちらはクリケット社による「季刊高知」。

世界のマガジン展~地域と文化をつなぐメディア~

会期:2016年10月27日(木)~12月26日(月) 10:30~19:00 ※水曜休館(祝日を除く)

会場:リビングデザインセンターOZONE 7階 CLUB OZONEスクエア/東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー

入場:無料

連動セミナー:ローカルメディアの可能性ー地域と人をつなぐもの

講師:影山裕樹(編集者)

日時:2016年12月3日(土)15:00~17:00

会場:リビングデザインセンターOZONE 8階 セミナールーム

定員:60名(先着順)

参加費:2000円(税込み)

申込み:http://www.ozone.co.jp/pro/seminar/detail/131

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

圧巻400種以上の品ぞろえ! Kartellのフラッグシップショップが南青山にオープン
東京を編集した本と日用品が並ぶ「本屋 EDIT TOKYO」期間限定オープン
広島発の高感度なマーケットイベント「ザ・トランクマーケット」は今週末

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP