ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

眉ハゲの危険スポット。ランニングに岩盤浴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

しなくちゃいけないからメイクしているけれど、できればすっぴんでいたい。

メイクにかける時間は10分程度。

メイクはどんどん薄くナチュラルになっているけれど、一方で重視しているのが眉メイク。

コスメブランド「K-パレット」の調査によると、「眉そのもののかたちが気に入らない」という悩みは、10代〜60代までどの世代にも共通しているそう。

みんなの眉メイクの悩み

実際に眉メイクの悩みを見てみると…

「毎日眉を描くのが面倒」

「眉が薄いからすっぴんになれない」

「ランニング 眉ハゲ怖くて 昼間は走れず」

「岩盤浴。1時間いたら妖怪眉なし」

「夕方には眉が溶ける。アフターの予定なくてもメイク直し」

「初めての彼宅お泊り。『化粧落とすと印象変わるね』と、眉への視線が痛い」

K-パレット「眉の悩み調査」より)

わかるわかる! と大きくうなずく回答ばかり。みんな、眉に対する悩みは尽きません。

というのも、年齢を重ねるごとに、眉のかたちや量が変化するので、眉に対する悩みも年齢とともに増えていく傾向にあるからだそう。

いまは1週間程度、眉メイクが消えずに持続するコスメも登場してきています。K-パレットからも、日本製、眉プレート付きの眉ティントが、2016年11月25日(金)から発売予定(オンラインショップでは11月17日に先行発売)。

眉ティントさえあれば、気持ちよく、すっぴんでいられる日が増えそうです。

イラスト/ニシクボサユリ 文/グリッティ編集部

■ あわせて読みたい

メイクは義務で。本気の恋でヤセた #女子の本音
男子が、好きなメイクをとことん突きつめた結果…
オイル90%。気持ちよくてつけてるのを忘れるリップティント
2016クリスマスコフレ速報! メイクからヘアケアまで
テクノロジーでメイクする(本当はすっぴんだけど)
ぱっちり二重は描いてつくれる。石原さとみのアイメイク
ゆうたろうの美肌を間近で。女子よりきれいな女子力男子

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP