ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家電塾! -20代男子が本当に買うべきドヤ家電- デジタル一眼レフカメラ編

  • ガジェット通信を≫

「家電塾」とは、社会に出てバリバリ働く20代男子が、センスの高さや経済力を「ドヤっ!」とアピールできる“ドヤ家電”を、その道のプロフェッショナルからレコメンドしてもらう企画。今回は「デジタル一眼レフカメラ」をテーマに、カメラ専門店・マップカメラの鈴木健さんに話を聞いた。

自分のこだわりや所有欲も満たしてくれる一眼レフ

Instagramが浸透し、写真を介したコミュニケーションが欠かせないものになったいま、コンパクトデジタルカメラやスマホのカメラでは物足りない…と感じている人も少なくないだろう。

そんなときに頼りになるのが、プロやハイアマチュアたちが使うデジタル一眼レフカメラ(以下、一眼レフ)。高精細な画像やシャッターチャンスを逃さないオートフォーカス性能、レンズの選択肢の幅広さなど、自分のこだわりや所有欲も満たしてくれるアイテムは、20代男子として手に入れておきたいアイテムのひとつだろう。

一眼レフは高機能化が進み、スチール写真だけでなく4K動画撮影ができたり、Wi-Fi転送機能がついた最新機種が各社からリリースされているが、高性能であればあるほど、価格もつり上がってしまうもの。とはいえ、ラインナップが幅広く、エントリー・ミドル・ハイエンドクラスと細分化されているため、予算が潤沢でなくてもドヤッとできる機種は存在する。

玄人好みのメーカーによる1台

今回取材に協力してもらったマップカメラ本館は、新品・中古のデジタルカメラや交換レンズを多数取り扱い、「日本に来たら必ず訪れる」という外国人ファンも多い専門店だ。

「今日はペンタックスの一眼レフをおすすめしたいと思います」と切り出してくれたのは、マップカメラ本館の鈴木健さん。

カメラにあまり詳しくない人は「ペンタックス」と聞いてピンとこないかもしれないが、フィルムカメラ時代から「アサヒペンタックスSP」や「LX」といった名機を数多く生み出してきた、長い歴史を持つカメラブランドだ。

カメラ好きのあいだでは、ユーザーは“ペンタ党”と呼ばれるほど玄人好みのブランドで、鈴木さんによると「ペンタックスのユーザーさんは、他社のカメラになかなか鞍替えしないことでも知られている」という。

「最近の売れ筋はフルサイズの一眼レフですが、私のおすすめはセンサーサイズがひと周り小さいAPS-C機の『K-3Ⅱ』。昨年6月に発売されたモデルで、レンズ込みで10万円台前半という手が届きやすい価格帯です。一眼レフのなかでは小型・軽量ですが、外装の大部分にマグネシウム合金が採用されていて剛性もあり、防塵・防滴構造となっています」(鈴木さん・以下同)

PENTAX (ペンタックス) K-3Ⅱ 16-85WR レンズキット

在庫をチェックする⇒

一眼レフは性能が上がるほどボディも大型化していくが、「K-3Ⅱ」は持ち運びしやすいコンパクトボディ。それでいて右手部分のグリップがボディに対して大きく設計されているため、しっかりホールディングすることができる。

「一眼レフの購入を検討している人は、その描写力に魅力を感じている人も多いと思います。その点、『K-3Ⅱ』は高感度にも強い約2,435万画素のイメージセンサーを採用し、ローパスフィルターレス仕様なので、コンデジとは比べものにならないシャキッとした描写や発色を実現してくれます」

カラーはもちろんモノクロームも得意なカメラで、フィルムで撮影したような微妙なグレートーンも豊かに表現してくれる。また、ファインダーも視野率100%で明るくピントが見やすいので、一眼レフに不慣れな初心者でも構図を正確に決めやすい。

中判カメラ並みの超高画質をつくり出す

「『K-3Ⅱ』を選んだ最大のポイントは、新しく搭載された『リアル・レゾリューション・システム』です。センサーを1画素ずつずらしながら4枚の画像を1枚に合成する技術で、ディテールや色再現性に優れた、超高精細な画像をつくり出せます」

「リアル・レゾリューション・システム」は、イメージセンサーユニット自体を動かすペンタックス独自の最新機能。撮影時には三脚の使用が必須だが、APS-C機でありながらフルサイズや中判デジタルにも匹敵するようなシャープな写真を撮影できる。

「アウトドアで風景を撮影したい人にはぜひ試していただきたい機能です。『K-3Ⅱ』はほかにも、GPS機能と連動する『アストロトレーサー』というユニークな機能を備えています。これは、星の動きに合わせて簡易的な天体追尾ができるもので、長時間露光で天体撮影する際に美しい点像を撮影できると評判です」

夜空に輝く星を“点”で撮影する場合、地球の自転に合わせて動く「赤道儀」と呼ばれる専門機器が必要だが、アストロトレーサーを使えば三脚を使うだけで手軽に天体撮影ができる。どちらもアウトドアできれいな写真を撮りたいと考えている人にはピッタリの機能といえるだろう。

「フィールドカメラとしても優秀ですし、オートフォーカス機能も高性能で、最高で1秒間に約8.3コマという高速連続撮影も可能です。秒間8コマというと、他社では20万円を超えるようなモデルに搭載されているものですから、その点でも『K-3Ⅱ』はお買い得といえるでしょう」

ペンタックスは交換レンズも豊富。今回紹介してもらった「K-3Ⅱ 16-85 WR レンズキット

」には、35mm版換算で24.5~130mm相当と、広角から望遠域までしっかりカバーしてくれるレンズが付いているが、交換レンズも他社に比べて値段が抑えられているため、自分好みの単焦点レンズを見つけるといった楽しみも広がる。

「アウトドアからスポーツ撮影、もちろんスナップまで、多彩な使い方ができる一台だと思います」と鈴木さん。オートで簡単に撮影ができるハイパープログラムモードも搭載しており、初心者でも使いやすい一台。手に入れてトライしてみる価値はあるはず!

(取材協力)

マップカメラ本館

最新デジタルカメラからフィルムカメラ、交換レンズと撮影機材の新品・中古を販売している東京・新宿のカメラ専門店。各社のカメラを扱っている4つのフロアがあり、本館5階では、動画撮影や写真加工、写真プリントが体験できる。また、買取・下取・委託ができるカメラ買取センターもすぐ近くにある。今回紹介したペンタックスのカメラやレンズは本館3Fで販売中。

住所:東京都新宿区西新宿1-12-5

営業時間:10時30分~20時30分(年中無休)

公式サイト:https://www.mapcamera.com/

(今回紹介した商品)

PENTAX (ペンタックス) K-3Ⅱ 16-85WR レンズキット

在庫をチェックする⇒

リコーイメージング株式会社公式サイト PENTAX (ペンタックス) K-3Ⅱ紹介ページ

写真・文/成田敏史(verb)

関連記事リンク(外部サイト)

とにかくギリギリまで寝ていたい!“ズボラ女子”の救世主・時短コスメ5選
「腸活」が流行ってるけれど…、ヨーグルトって結局何を食べればいいの?
視力の悪い人に朗報! 夜つけて寝れば、日中裸眼で過ごせる方法がある!?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP